フレッシュナースブログ

2021新人研修~転倒・転落、急変時の対応について~

 梅雨も明け、8月に入り本格的に暑くなってきましたね!
私は、暑さがとても苦手ですが皆さんはどうでしょうか?

さて、7月12日の新人研修では転倒・転落、急変時の対応について学びました。
転倒・転落の研修では、講義のほかに実際に理学療法士の方にアドバイスをいただきながら、立ち上がりや車椅子への移乗の適切な介助をお互いに実践しました。

  
転倒のリスクをゼロにすることは難しいことです。離床時に鳴るセンサーなどを使用しているからと安心せず、日々変化していく患者さんの状況を把握し、それぞれの患者さんに合わせた環境、転んだとしても大怪我に至らない環境作りをしていくことが必要だと学びました。
急変時の対応では、実際に現場で起こりうる場面を想定し、シミュレーションを行いました。4人の患者さんの検温時に誰か1人が急変したという設定で、その対応を考え、実践しました。


このあと急変が起こるとわかっていても、焦ってしまう部分があり患者さんが急変する怖さを感じました。


シミュレーションごとに、それぞれのグループで気がついたことやより良い対応についての話し合いも行い、自身の対応について振り返ることができました。
急変時に対応できるよう、普段の患者さんの状態を把握し、その疾患から起こりうる事態を想定し、日々関わっていくことが大切だと学びました。
 私は、精神科病棟に配属になりました。精神科では薬の副作用などもあり、普段から転倒が起こってしまうことが多いです。また、4月から徐々に自身で受け持てる患者さんの人数も増えていき、7月からはフォローしていただきながらですが1人での受け持ちが始まっています。1人でみる患者さんの人数が多く、転倒の危険性があるからと言って1人にずっと付いていることは難しいことです。そのため、今回学んだ介助方法や環境作り、また転倒が起こってしまったときの対応を現場で実践していきたいと思います。

新人看護師 精神科病棟 大池

フレッシュナースブログ

2021年度新人研修 ~心電図ってなに?~

 最近の夕飯は、患者さんのその日のお昼ご飯に左右されがちです。
皆さん初めまして!
精神科病棟2階の新人ナース北村です。よろしくお願いします!
その日の夕飯何にしようかなと迷ったときは大体患者さんのお昼のメニューを参考にしています。

そんなことはさておき、6月28日の研修の様子を紹介したいと思います。
今回の内容は心電図です!

そもそも心電図って何でしょうか?
変なグニャグニャした線がかかれていますが、簡単にいうと心臓の電気信号を可視化したものです。そんな心電図で何が分かるのか。
示される波形のリズムや大きさなどから重大な心臓の病気を見つけるヒントを得ることができます。


就職してもうすぐ4カ月経ちますが、現場では心電図を見ない日はないくらい私たち医療従事者にとって大事なアイテムの一つです。大事と言っておきながら、新人にとって心電図を読み取るのは難しく、最初は何が何だが分かりませんでした。


しかし、グループで演習を重ねることで、徐々に読み取れるようになり最後にはそれぞれ心電図が何を表しているか、またどのような対応を取るべきかを発表し合い、学んだ内容を一人ひとり自分の知識として落とし込んでいきました。

このように研修を積み重ねる中で、私たち新人は知識や技術を深め、現場に出たときに患者さんが安心して療養生活を過ごしていただける看護につなげています。
今回の紹介は以上になります。他の新人看護師も研修の様子を紹介しているので、ぜひ見てください!
最後までご覧いただきありがとうございました!

新人看護師・精神科病棟 北村

 

フレッシュナースブログ

2021新人研修~検査・輸血・輸液・認知症について

 梅雨に入り、雨が多い季節となりました。
あっという間に入職して4か月になります。時間が経つのは早いものですね。
さて、5月27日の研修では、検査・輸血・輸血プライミング・輸液・認知症について学びました。臨床検査では、スピッツの取り扱いや採血管へのラベルの貼り方を実際に行いました。

 採血管の種類によって必要量が違うこと、検査への順番、専用の容器が必要なラベルがあることを知りました。採血は看護師であれば行うことなので、採血管への注意点を守って行っていきたいと思います。
輸血、輸血プライミングでは輸血を行う際、輸血の不適合を防止するために輸血関連検査が重要であり、情報伝達の間違いが起こらないよう輸血を実施する医療機関で血液型判定を行うこと、二重チェックをして初めて輸血が行えることを学びました。他にも様々なところで何度も何度も確認をして、「安全性を高め、患者さんに提供をする」ということの重要さを改めて感じました。
午後は、認知症について講義を受けました。認知症は高齢化社会により、今後さらに増加傾向となっている身近な病気です。認知症にも種類があり、それぞれに特徴的な経過があることを学びました。認知症の治療には薬を使うものと使わないものがあり、薬を使用する場合は、副作用や効果時間などを考え飲むタイミングが重要です。

認知症とは、以前とは違い珍しい病気ではありません。だからこそ病気を理解し、その人の気持ちに寄り添うという看護ができるよう日々勉強していきたいと思います。

新人看護師3階池上

フレッシュナースブログ

2021新人研修~フィジカルアセスメント・急変時の対応~

こんにちは!
 私は4月から4階の整形外科病棟に配属となりました。整形外科病棟では骨折や脱臼など、運動器に関する疾患を診ており、手術・リハビリを目的とした入院が多い病棟です。周術期と呼ばれる手術前後の看護が必要とされます。6月になり、手術当日の患者さんを受け持たせていただくようになりました。手術は身体的侵襲が大きく、患者さんの些細な変化を見逃さないことが重要です。

 さて、6月14日の新人研修ではフィジカルアセスメントと急変時の対応について学習しました。
フィジカルアセスメントの研修では呼吸音の聴取や血圧測定を実際に行いました。呼吸音の聴取が難しく、副雑音の違いがわかりにくく苦労しました。しかし、フィジカルアセスメントは観察の基本であり土台となるものです。今回学んだことを機に病棟で呼吸音の聴取を行いながら、日々の観察でも生かしていきたいと思います。


急変時の対応では緊急コールやAEDなどについて、気管挿管時の補助、バックバルブマスクの扱い方について学びました。急変は患者さんの命に関わる重大な出来事であり、豊富な知識と適切な技術が求められます。いつ起こるかわからないのが急変です。いつでもどこでも対応できるよう、豊富な知識と適切な技術を身につけていきたいと思います。

 

今回の研修の最後で、各グループで目標をたてました。
外来棟2階の廊下に掲載していますので、待ち時間などで見いただければと思います。

これからも先輩にご指導いただきながら頑張っていきたいと思います。

新人看護師4階病棟 坂巻

フレッシュナースブログ

2021新人研修〜朝の検温場面でのシミュレーション〜

 今回の新人研修では、シミュレーション研修を行いました。
グループで看護師役、患者役にわかれ、朝の検温のため2人の患者さんを訪室し、患者さんそれぞれのバイタル測定を行いながらお話したり、検査や食事の説明などを行いました。
私は看護師役となり、決められた時間の中で患者さんに丁寧な対応ができるように心がけました。リーダーからの申し送りを患者さんに正確にお伝えできるよう、経時的に説明することや患者さんが理解しやすい言葉選びが大切だと感じました。私たちも分からない言葉があった時には、十分な説明ができるように調べたり先輩に聞いたりしながら患者さんへ誠実に対応することを心がけていきたいと思います。
 

 新人看護師の私は、手術室の配属になりました。
手術室はあまり立ち入る機会のない場所ですよね。
私は最初、手術室という場所が少し怖いなというイメージを持っていました。しかし、実際のあづみ病院の手術室はとても明るい雰囲気で、看護師の先輩や先生方は患者さんがいつも安心して手術を受けられるようにかかわっています!そんな先輩方の姿から私は、いつでも手術が安全にスムーズにすすめられるように、毎日自分の目標を立てながら必要な知識・技術の習得に励んでいます。器械出しも少しずつ入ることが増えました。出来ることやわかることが増えてくるとと、やりがいのある職場だなと実感しています。

 

新人看護師手術室 荒井

 

フレッシュナースブログ

2021新人研修~危険予知、身体抑制~

さて、今日はKYT(危険予知トレーニング)、身体抑制、医療安全についての研修が行われました。KYTでは病院でよく遭遇するシーンについてどんな危険が潜んでいるか、状況を把握しどのような対策を立てられるかなどKYT4ラウンド法に沿ってグループワークを行いました。患者さんの安全を守るために危険を予測する視点・対策の立て方を学べました。


身体抑制の講義では実際に体験し、抑制される側の思いを実感しました。抑制が必要な場合は倫理原則に基づいて本当に妥当なのかを常に考え続ける意識が大切だと感じました。

 
医療安全の講義では過去の事故から再び繰り返さないよう、現在に繋がっていると学びました。日々、私たちが行っている6Rやダブルチェックなどの重要性を改めて感じ、身が引き締まる思いでした。

                        新人看護師 飯島、池上、竹野、西澤、松本

フレッシュナースブログ

2021新人研修~スキンケア・プライミング・人工呼吸器について~

看護部研修5日目!
 本日は、午前中にスキンケアについての講義を受けました。実際にベッドに横になり、そのままの状態からベッドを挙上したときに背中の窮屈さや違和感を感じるといった体験をしました。実際に体験したことで患者さんの思いを知り除圧という手技ひとつとっても患者さんが安全に安楽に過ごすためにとても大切だと学べました。

 


また、プライミングの講義では、実際の輸液ボトルと輸液セットを使用し練習しました。
最初に比べて輸液セットの扱いにはみんな慣れてきているのではないかと感じました。プライミングの手技自体は難しいものではなかったのですが、清潔操作を確実に行うことが患者さんの安全を守るために大切なので、確実に行えるようにしていきたいです。
人工呼吸器は命に関わる重要な機械で操作に苦戦しましたが今後、徐々に慣れて扱えるようになりたいです。

 

フレッシュナースブログ

2021新人研修~注射・検温・グループ目標作り~

 看護部研修4日目です。
本日は注射や検温のシミュレーションといった実際の看護の場面を想定した研修に加え、4~5人でグループをつくり、1年後になっていたい理想の看護像を考え、目標を立てました。

 

 

午前に行った注射のシミュレーションでは、筋肉注射の方法や注意点を学んだため、実際に患者さんに行う時にそれらを意識して安全に行っていきたいと思います。
また、午後に行った検温では、チーム内で指摘し合うことで、自分の足りていない部分やできているところに気づくことができました。
病棟ではグループ目標や個人目標を意識して患者さんに看護を行っていきたいと思います。

 

フレッシュナースブログ

2021新人研修~輸液ポンプ、シリンジポンプ操作・静脈血採血~

看護部研修3日目!
本日はポンプ操作や採血といった本格的に医療行為の研修をしました。まずは安全に・正しく操作することが私たち新人看護師には大切なことであり、皆一つ一つ手順を確認しながら、何度も何度も繰り返しました。

 
午後は今日のメインイベントともいえる同期同士での採血を経験しました。採血は初めての体験なので、する側もされる側も緊張し、また患者側の痛みも知ることができました。
今回経験した緊張と痛みを忘れずに自分たちの技術を向上させ、患者様の安心・安全につながる看護を一日も早く提供したいと思います。

フレッシュナースブログ

2021新人研修~感染予防対策・情報管理・注射器・コミュニケーション他~

看護部研修2日目です。
本日は、感染予防対策・注射器等について研修を受けました。

 
新型コロナウイルスが蔓延している中、感染対策は重要な観点です。感染しない・感染させない・広げないためには一人一人の感染対策が重要になってきます。自分だけでなく他の方のためにも感染対策を徹底して行っていきたいと思います。

 
また、患者さんと関わらせていただくうえで、自分の伝えたいことを正確に伝えるためには、専門用語を控えるなどの工夫が必要であることを学ぶことができました。実際に勤務をしていく中で、実践していきたいと思います。

フレッシュナースブログ

2021新人研修~コミュニケーション・看護記録・電子カルテ~

 今日からは、4月入職した新人看護師でフレッシュナースブログを更新していきます!

看護部研修一日目、快晴ポカポカ陽気の池田町です。
本日は、コミュニケーション、看護記録、電子カルテの扱いについて学びました。


コミュニケーションについては、グループワークを通して他者と自分の違いを知ることができました。
言葉にして相手に伝えることの大切さ、難しさを体感し、今後チームで働いていくうえで、また患者さんと関わらせていただくうえで、活かしていきたいと思います。

電子カルテの扱いについては、実践的な内容を教えていただきました。覚えることが多く、戸惑いや不安もありますが、今後の一つひとつの研修が今後の看護につながることを意識し、みんなで頑張っていきたいと思います。

 

 

フレッシュナースブログ

2020新人研修~振り返り・研修最終日

 
 今回は精神科2階病棟の加藤が担当します。
本日が新人研修最終日となりました。1年間立ててきた目標の振り返りを話し合ったり介護保険・訪問看護を学んだりと総まとめの研修がありました。

午前中は1年間のまとめで4月に立てた目標をもとに振り返りを行い2年目に向けて話し合いました。改めて成長した部分や今後の課題を見直すきっかけとなりました。

 
 

午後には介護保険や訪問看護の内容について勉強しました。入院生活とは違う患者さんの退院後の生活を考え患者さんの思いや強みを生かした生活が提供できるように今後も考えていかなければいけないと胸をつかれるような心に来る講義でした。


2年目も引き続き患者さんにより良い看護が提供できるように精進していきたいと思いました。

 

 

精神科2階病棟加藤

フレッシュナースブログ

2020新人研修~退院支援~

雪が降り始めた池田町です。
今年最後の研修がありました。
今回のブログ担当は精神科病棟配属の3名が担当です!
課題は、12月までの振り返りと今後の目標、退院支援についてです!!

まずは個人ワークで、今の自分を見つめなおし、今後目標としていくことを考えました。
グループワークで、3か月前に立てた目標に対して評価をし、3月までの目標を設定しました。グループメンバーで、それぞれ自己の反省点などを話し合うことができました。

 

 
▲こちらの目標は、外来棟2階眼科前の廊下に掲載しています。

午後は、退院支援について講義を受けました。患者とその家族が病院から自宅や施設に帰っていくことを想像して支援することが重要だと思いました。

 

 

                           P1 岡村、白川、水野

フレッシュナースブログ

2020新人研修~KYTと緩和ケア~

 今回のブログ担当は3階病棟です。
今日は、KYT(危険予知トレーニング)と、がん看護、緩和ケアについて学びました。
KYTでは日頃から危険を予測することで患者さんの安全を守ることに繋がるということを学びました。

 
がん看護、緩和ケアの講義では、「もしバナゲーム(最期をどうすごしたいか)」を通して人それぞれで死生観が異なるということを改めて実感することができました。今回の学びを活かして患者さんとの関わりを大切にしていきたいです。

 

                         3階病棟 佐藤・早川・永川・福島 

フレッシュナースブログ

2020新人研修~せん妄と倫理~

 本日の講義は、せん妄と倫理について学びました。以前にも同じ課題で研修を行っていて、病棟での経験を踏まえより深く学びました。
倫理では南方統括看護部長の最後の講義を受けました。


働き始めて7か月が経ちました。日々の業務の中で、自分の業務が優先になってしまうことがある中、今日の倫理の講義で改めて患者さんにとって何が最善な看護であるのかを見直すことができました。「患者さんの本当の思いは言葉の裏にある」と、患者さんがどのような思いでその言葉を発したのか、「本質を聞ける勇気」、「くみ取れる力」をつけていきたいと思いました。
 せん妄の講義では、せん妄の促進因子は多くあり、自分の関わり方や看護の仕方で予防できることを学びました。夜勤も始まり、せん妄の患者さんとの関わりも増えてきて、スタッフの人数も限られる中で患者さんのアセスメントをして、その人に合ったせん妄の予防方法を実践していきたいと思いました。

4階 整形外科病棟 石田、市川、塚原