フレッシュナースブログ

2022新人研修〜輸液ポンプ・シリンジポンプ操作、静脈血採血〜

こんにちは!
 4月から新人看護師になりました清水です。私は社会人になって親元を離れての一人暮らしが始まり、寂しい毎日を送っています。ですが、自分が目指した夢を今叶えることができているため、親に心配をかけないよう、親孝行ができるよう一生懸命頑張りたいと思います。


 さて、48日の新人研修では輸液ポンプ、シリンジポンプ操作、静脈血採血の研修を行いました。これらは看護師には必要不可欠な医療行為のため、みんな身を引き締めて研修を行っているようでした。

 

輸液ポンプの研修は、1人が手順を読み上げ、もう1人が実践するという形式で行われました。操作方法を間違えるとエラー音が鳴り、エラーが起こっていることを知らせてくれますが、その対処方法を知っていないと、患者さんを不安にさせてしまったり、事故にも繋がり兼ねないため、確実に行えるようにしっかりと手順に沿って操作を行わなければならないと感じました。


 また、研修の中で1番心配であった静脈血採血も行いました。人形での採血練習は行なったことがありましたが、実際に人間では行なったことがなかったため、前日から上手にできるかな、大丈夫かな、ととても心配でした。先輩看護師に教わりながら採血を行いましたが、手元に集中するのに精一杯となってしまい、周りを見ることが困難でした。どうしたら患者さんの苦痛を最小限にできるのか、これは看護師にかかっていると思います。採血をする側もされる側も緊張しますが、手技を間違えずに行うことに加え、不安を取り除く声掛けが患者さんとの信頼関係に繋がるのだと感じました。

 
 今回経験したことをもとに技術を磨いていき、安心・安全に看護を提供できるように頑張りたいと思います。

 

看護師 清水

フレッシュナースブログ

2022新人研修はじまりました。

 4月4日から本格的な新人研修が始まりました。
この4月入職した職員で、1年間研修の様子を更新していきます。

さて、医療安全や医療事故についての講義は学生時代にも受けましたが、入職後改めて講義を受けてみると1人の医療従事者として、患者さんに対しての処置や記録一つひとつに責任を持って行わなければならないという気持ちになりました。また、座学だけではなくアンプルカットやプライミングなどの実技に関しても研修がありました。この先病棟で使う技術なので、危険がないように注意しながら行いました。実技の練習もして、看護師になったのだと実感が湧き、気が引き締まりました。

 また、アイスブレイクのグループワークも行い、最初は挨拶程度でしか話さなかった同期のスタッフとも気軽に話せるようになりました。
これから働いていく上で同期の存在は心の支えや頑張る原動力になると思うので大切にしていきたいなと感じました。 


そして研修2日目の5日は、感染について研修を受けました。病棟の患者さんに感染を広げないようにすることは勿論、自分自身を守るためにも清潔と不潔を区別することは重要だと思いました。

入職したばかりでまだまだ至らない点は沢山ありますが、看護師として少しでも早く患者さんのお役に立てるよう頑張っていきます!    

新人看護師 籠田真輝

指導医・研修医ブログ

初期研修2年間を振り返って

あづみ病院で初期研修をさせていただきました保川信です。
あづみ病院での2年間の初期研修が先日修了しました。初期研修では多くの科を回らせていただき大変勉強になりました。精神科研修と白馬診療所での地域研修が特に印象に残りました。

2月・3月の2か月間は、白馬診療所での研修でした。
1月30日に白馬に到着したのですが、すごく寒かったことを覚えています。最初は寒さに慣れず大変でしたが徐々に慣れていきました。
研修内容としては外来を主に診させていただきました。スキー外傷の方が多く、骨折や脱臼の初期対応を学ばせていただきました。上腕骨の脱臼骨折が特に印象的でした。今後、医師として通用するよう努力していきたいと感じました。白馬での研修をさせていただきありがとうございました。
また、白馬村は、飲食店・旅館・ホテル・スキー用具店・コンビニエンスストア・その他多くの地域の方が、スキーやスノーボードなどのスキ産業に支えられて、コロナ禍で制限が多く難しい時期ですが、白馬村の多くの方の観光業で生活が成立していると感じました。岩岳では学生スキー大会がありましたが、無事大会ができて嬉しく感じております。

大学病院の研修では、いくつかの科を回らせていただきそれらも大変勉強になりました。また、コロナが始まったばかりの時期に初期研修が始まり研修内容の一部が変更となりました。例年よりは充実した研修にする事は難しかったと研修担当の方はおっしゃっていましたが、それでも充実した研修をする事ができたと感じております。これまでの経験を今後の診療に活かしていきたいです。
初期研修では多くの方、先生方にご指導いただきました。この場をお借りして感謝申し上げます。

保川 信

スタッフブログ

医師臨床研修修了式を開催しました!

こんにちは。
臨床研修管理委員会事務局です。
先日、研修医の浅沼先生、丸山先生、保川先生3名の修了式が開催されましたのでご報告させていただきます。
2年間の研修はコロナ真っ只中となってしまいましたが、先生方からは「充実した研修ができた」と嬉しいお言葉をいただきました。
今後はそれぞれの道を歩まれますが、当院での2年間の研修や、指導してくださった先生方、ともに切磋琢磨した仲間のことをどこかで思い出していただけたら嬉しく思います。そして、いつかまたともに働ける日が来ることを願っております。
浅沼先生、丸山先生、保川先生、ご卒業おめでとうございます。

臨床研修管理委員会事務局

フレッシュナースブログ

2021新人研修~1年間の振り返り・事例発表会・1年目修了式~

 こんにちは!暖かい日も増えて春らしくなってきましたね!暖かくなると気持ちもほんわかしてきます。食べることが好きな私は、おいしいものを探して食べるのが楽しみになって体が重くなってきてしまいました(汗)運動するには良い季節になってきたので、体を動かしていきたいな~なんて思っています。
 さて、3月3日に新人看護師1年目の最後の研修が行われました。今回は、目標の振り返りと各新人看護師が1年を通して心に残った看護についての事例発表会を行いました。

 目標の振り返りでは、1月から3月の個人目標とグループ目標の両方について、どのくらい目標を達成できたか振り返りをしました。さらに、今年度1年を振り返り4月から始まる2年目に向けて自分たちに何が必要なのかを考えました。今は新人看護師として、技術や知識を身につけるために必死な毎日ですが、4月からは周囲の状況を見ながら臨機応変に対応する力がさらに求められてくるので、周囲を見る力や知識や技術の定着を目標にしていきたいという2年目に向けた目標ができました。4月から先輩になるのか…と不安もありますが、自覚を持って楽しく頑張っていきたいと思っています。

 

 事例発表会では、それぞれの新人看護師が心に残った事例について発表しました。人前で発表するのが久しぶりで、とても緊張しました。所属部署が違うと、患者さんの特徴や疾患も大きく異なり、看護の幅の広さを改めて実感しました。うまくいったことばかりではなく、うまくいかずに悩んだ経験こそ印象に残り、今後の自分たちの看護に活きてくるのではないかと感じました。複数の患者さんと関わる中で、1人の患者さんとじっくり向き合うことは学生の時ほどできていないのが現実ですが、それぞれの患者さんに合った看護についてもっともっと考えていきたいと思いました。

 

 最後に1年目の修了式が行われ、記念品と去年4月に書いた「1年後の自分へ」という手紙をもらいました。ドキドキでいっぱい、新しいことだらけだった4月からちょこっとだけ成長できているのかな、と手紙を読んで感じました。1年目の経験を力にして2年目も頑張ります!

精神科1階 西澤

スタッフブログ

第139回ハートフルメッセージ★がん検診

 当院副院長で消化器内科部長の村木崇医師が、abn長野朝日放送の番組「信州がんプロジェクト~知ろう、考えよう、がんのこと~ハートフルメッセージ」(2月18日放送分)に出演しました。
内容は、「がん検診」
がんは日本人で2人に1人がかかる身近な病気です。池田町の北アルプス医療センターあづみ病院では、1週間に1人以上が大腸がんと診断され、そのうち3人に1人が内視鏡手術で切除を行っています。消化器内科部長の村木医師にくわしく聞きました。

内容は「がん検診」についてです。動画はこちら

スタッフブログ

オンライン説明会へ出展します!

こんにちは。

臨床研修管理委員会事務局です。
ブログがご無沙汰してしまい申し訳ありません。
本日は、今月開催される各オンライン説明会についてお知らせいたします。

3月になり医学生も本格的に研修先を決める時期となってまいりました。
当院でも医学生のニーズに合うような説明会への出展を予定しております。
各説明会において、研修医が研修中の様子はもちろん、当院や地域の魅力などを直接お話しさせていただきますので、ぜひご覧ください!!
多くの方にご視聴いただけることを楽しみにしております!!
レジナビFairオンライン 長野県2022 第2部 ~臨床研修プログラム~≫
★3月5日(土)
★11:00~11:30

マイナビRESIDENT WEBセミナー
★初期・専門を一貫して経験できる病院特集
★3月9日(水)
★18:30~20:00
★19:30~院内見学ツアー実施します!!
説明会だけでなく「オンライン病院見学」を随時受け付けております。コロナ禍でなかなか病院見学ができない方も気軽に参加できます。
ご希望の方は、ぜひお問合せください。

指導医・研修医ブログ

白馬診療所での研修

研修医2年目の丸山です。

 12月と1月の2カ月間は白馬診療所で研修をしました。
白馬村は雪の量も多く、スキー場も多く存在する地域です。なかなか普段これほどの積雪を見ないため、最初に白馬村に到着した際も雪の量に驚きました。ただ、白馬診療所近くの宿舎を利用することができたため、通勤において積雪に困ったりすることなく、非常に便利な環境で過ごすことができました。コンビニエンスストアも近く、とても良い立地の宿舎でした。
 白馬診療所では、初診や再診の患者さんも多く来院しますが、この時期なのでスキー外傷や発熱の患者さんも高頻度で来院されました。本院の救急外来の当直業務では、緊急性の高い疾患のみを考慮して診察を進めれば問題ないですが、日中の外来診療においては、緊急性は高くないが放置すると重篤性が高くなる疾患に関しても考慮する必要があるため、非常に勉強になる研修でした。2年間の研修で学んだことをもとにして問診・検査・処方を行い、上級医の先生方にご指導いただきながら診察を行いました。
 白馬診療所では非常に充実した2ヶ月を過ごすことができました。忙しいにも関わらず優しく丁寧にご指導くださった白馬診療所の方々、本当にありがとうございました。心より感謝を申し上げます。今回の研修で学んだことを今後の診療で生かしていければと考えております。

雲の切れ間から見えた朝日

初期研修医丸山

フレッシュナースブログ

2021新人研修~KYT、在宅へ向けての看護、目標の振り返り~

 こんにちは。寒い日が続き、こたつと暖房が欠かせない毎日です。最近は実家に帰省し、家で採れた冬野菜をもらいました。実家の野菜を使い、鍋でもしようかと考えています。

12月の新人研修ではKYT、在宅への視点、目標の振り返りを行いました。

・KYT
 KYTとは「危険(K)予知(Y)トレーニング(T)」のことで、看護場面に潜む危険を話し合い、予知と対策を行う訓練のことです。1枚の患者さんと看護師が描かれている場面からどんな危険が予測できるかを複数人で話し合い、最も重要だと思う危険のポイントをまとめました。複数人で話し合うことにより、新たな発見もありました。医療現場は常に危険と隣り合わせであり、多くの危険が潜んでいます。私たちはそのことを約9か月間、現場で働き身をもって経験してきました。これからも常に「安全」ということを念頭に置き、危険を予測し対策を立てていきたいと思います。

・在宅への視点
 入院患者さんはいずれ自宅や施設へと退院していきます。入院中から退院調整は必要であり、患者さんや家族の意見が重要となっていきます。そして、患者さんとその家族の思いが一致していることも重要となります。しかし、家族は退院後の患者さんの生活を想像することができないことが多く、医療者との考えにギャップが生じます。そのため、医療者からの家族への情報提供は必要不可欠なものとなります。入院中から自宅での生活をイメージし、自立した生活ができるように支援していくことが重要であると学びました。入院中のみの看護で終わるのではなく、退院後のその先の生活も見据えて看護をしていきたいと思います。

・目標の振り返り
 最後は9月~12月の目標の振り返りを行いました。入職して約9か月が経ち、私たちも業務を任されることが多くなってきました。みんなで目標を振り返り、改善すべき点は何か、どうすれば達成できるかを考えました。引き続き、目標達成できるように業務に取り組んでいこうと思います。

 

 

4階病棟:伊藤

指導医・研修医ブログ

初期研修の近況の報告

 初期研修医2年目の保川信です。
 この記事を書いているのは12月なのですが、すでに雪が積もっており外の景色は綺麗で空気も澄んでいます。
 残りの研修もわずかで、時が流れるのはとても早いと感じております。昨年の4月頃は、ちょうど感染症が流行り始めた時で外出中に非常に強い閉塞感や停滞感を感じました。
 現在は、そのような事も無く過ごせていて平穏のありがたみを噛み締めております。研修の内容が一部変更になったり、休日の過ごし方が制限される等難しい状況でしたが、概ね希望通りの研修ができたと感じており良かったと思います。
現在は、脳神経内科をローテートしていて目眩(めまい)、脳梗塞、脳出血などを学んでいます。残り数カ月で初期研修は修了ですができることをやっていきたいと感じています。

医局カンファレンスでの症例報告の様子です。

初期研修2年目 保川 信

スタッフブログ

病棟でメリークリスマス!

 クリスマスの時期がやってまいりました。5階病棟(地域包括ケア病棟)では12月7日に毎年恒例のクリスマス会を開催しました。今年も感染予防対策をしっかりと行った上で実施しました。

この日のために、患者さんがクリスマスの飾りを可愛く素敵に作ってくださいました。

 
スタッフはサンタクロースやトナカイの衣装に身を包み、まずは要介助部屋を巡回し、ハンドベルとリコーダーで「きよしこの夜」「ジングルベル」「あわてんぼうのサンタクロース」の3曲を演奏しました。
音がズレたりしながらも、みなさんが温かい眼差しで見守ってくださいました。普段表情が少ない患者さんも「メリークリスマス!」とベッドを訪問すると、自然と笑みがこぼれていました。

 

次にデイルームで演奏。ハンドベルとリコーダーの演奏以外に、電子キーボードで「いつでも夢を」と「世界にひとつだけの花」を演奏しました。その後、思い掛けずアンコールをいただき、急遽もう2曲演奏しました。「少しでも気分転換になれば・・・」と開催したクリスマス会でしたが、みなさんスマホで写真を撮ったり、手拍子をしたり、たくさんの笑顔を見ることができ、私たちもとても楽しく幸せなひと時となりました。

5階病棟 丸山

スタッフブログ

消防訓練を実施しました

12月2日、第2回消防訓練を実施いたしました。
外来棟1階放射線科内で火災が発生した想定で、消火ホースやエアーストレッチャーの使用方法などの再確認を施設課職員指導のもとの行いました。

 

外に設置された避難場所に患者さんを運びだし、各病棟責任者は本部に避難状況を報告します。

 
火災が起こらないよう日々気を付けておりますが、実際に起こってしまった際は冷静・敏速に対応できるよう定期的に訓練をおこなっています。

※画像では、床のキズを防止するため白いシーツをエアーストレッチャーの下に敷いていますが、実際の火災では使用しません。

 

フレッシュナースブログ

2021新人研修~論理とがん看護~

こんにちは。
寒くなってきましたが皆さん体調は大丈夫でしょうか。
実家で飼っている猫もこの頃は寒いのかこたつに1日中こもっているばかりで全然遊んでくれません…。

11月19日の新人研修は、「倫理」、「がん看護」についての研修でした。

<倫理>
 倫理の研修では、倫理と道徳の違いや、日々の患者さんと自らの関わりを振り返り倫理的にどうなのかということを考えさせられる良い研修になったと思います。
私は精神科の急性期病棟で勤務しており、保護室という鍵のかかる部屋で隔離されている患者さんや、自分や他人を傷つけてしまうリスクが高く抑制されている患者さんと関わる機会が多いです。入職したての頃は、隔離や抑制されている患者さんと関わると、本当にこれでいいのかと疑問に思ったことも多かったが徐々に慣れてきて抑制されていることがあたりまえのように関わってしまうことも多かったように思います。


 学生の時は1人の患者さんと長時間関わることができますが、臨床に出て勤務すると1人の患者さんと関わる時間は限られており、倫理的な視点で患者さんのことを考えることを忘れがちになってしまっていると感じました。倫理の問題はとても難しく、抑制も治療上やむを得ない場合も多いですが、それがあたりまえではなく4月に感じた思いを忘れずに患者さんと関わりたいと思いました。

 
<がん看護>
 がん看護の研修では、がんの治療方法や認定看護師の主な業務内容、エンゼルメイクについて学びました。その中で、「もしばなゲーム」というカードゲームをやりました。もしも自分ががんと宣告され余命半年だとしたら…。自分が大切だと思うものを手持ちのカードに残すというものです。どのグループでも「家族と過ごせる」「つらい思いを聞いてくれる人がいる」など、最期は一人じゃなくて誰かと過ごしたいという意見が多かったです。きっとほとんどの人はそう思うのではないでしょうか。看護師としてがん患者さんと関わるうえで疼痛コントロールなども大切な看護であると思いますが、精神的なケアが最も大切なのではないかと感じました。

 

南病棟1階:星沢

 

スタッフブログ

2021年度 2年目看護師研修~振り返り・KYT~

みなさんこんにちは。3階病棟看護師の佐藤です!

毎日寒くてコタツと暖房が欠かせません。私は休みの日はよくお鍋を食べています。安くて簡単で美味しくて最高です。最近は、ごま豆乳鍋にはまっています。

 さて、11月17日に2年目研修がありました。
2年目になると研修の頻度が減るため同期と久しぶりに顔を合わせることができる研修はいつも楽しみです♪
午前中の研修ではグループワークで危険予知トレーニングを行いました。危険予知トレーニングとは、あらゆる場面を想定しその場面に潜む危険を指摘し合う訓練のことです。私たちのグループでは血糖測定の場面についてみんなで考えました。
●アルコール綿で消毒していないため感染が起こる
●針捨てBOXがないため血液が付着したものを触り感染が起こるなど根拠を考え危険を指摘し合いました。
そして出された危険について具体的に改善策を考えます。グループワークのため自分では気づかなかった危険も知ることができます。


午後は、退院支援とローテーション研修についてグループで話し合い共有をしました。ローテーション研修ではそれぞれが自分の部署とは別の場所へ研修に行くため、そこでの学びを共有し合いました。退院支援については実際の事例をもとに疑問点やその人に必要なサービス、退院支援について話し合いました。患者さんや家族のそれぞれの思いがあり、医師・看護師・医療ソーシャルワーカー、リハビリスタッフなどと話し合いを進めるにあたって方向性をみんなで共有することが大切だということを改めて感じました。

 

これからどんどん寒くなってきますがお鍋を食べて身体を温め、冬を乗り越えていきたいと思います。

3階病棟 佐藤

 

フレッシュナースブログ

2021新人研修~せん妄とコミュニケーション

こんにちは!
季節は冬をむかえ少しずつ肌寒く感じる季節となりました。布団から出るのが辛くなってくる頃ですね。僕の家でも最近暖房器具を購入しました。

さて、10月の研修ではせん妄とコミュニケーションについて学びました。

せん妄の研修ではせん妄症状が出現した患者さんを例に、どのような精神症状が起きているのか、せん妄発症によって起こるリスクは何かを考える事ができました。
せん妄の促進因子はさまざまあって、看護師としてその促進因子を予防する方法も多くあることを講義の中から学びました。僕は整形外科病棟に勤務していて、そこでは手術を行う患者さんが多くせん妄発症のリスクもあるため、今回学んだことを現場で実践し、せん妄の予防が行えるよう努めていきたいです。

コミュニケーションの研修では、『きく』姿勢ということを主に学びました。看護師は患者さんやその家族とのコミュニケーションのほか、多職種間でのコミュニケーションも必要となります。患者さんとの会話の際は相手の訴えや想いを『聴く』姿勢が感情の表出に繋がったり、他職種間とのコミュニケーションでは相手に何を、何のために『訊く』のかを明確にすることが円滑なやり取りに繋がるなど、『きく』姿勢を意識することが大切であると学びました。

4月からはや半年以上が経過しました。まだまだ新人として学ぶことも多いですが、先輩方の協力を得ながら頑張っていきたいです。

4階病棟看護師:岸川