WOCNブログ

Hello Happiness

始めようとしていた事の出鼻を挫かれ、他にも色々と続いた昨年末。
年始からスタートダッシュして、嫌な雰囲気を寄せ付けないようにしたいと考えているところ。

2020年の干支「庚子」は、新な芽吹きと繁栄の始まりを表し、新しいことを始めると上手くいくとのこと。
「今年から始めた方が良かったんじゃない?」と自分に都合の良いように解釈し、
「絶対に上手くいく」と自分に言い聞かせました。
時には思い込みも必要です。

シリーズで開催している学習会「食べて・出す+α」今月の担当は私。
「からだにやさしいポジショニング」をテーマにしました。
奇数月は私が、偶数月は言語聴覚士が担当しますので、お気軽にご参加下さい。
ちなみに3月はコンチネンスを予定しています。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

いつもありがとうございます。   WOCN  ふりはた

みちひらきの大神「猿田彦神社」の方位石。皆が願掛けをしていきます。

WOCNブログ

ONE TEAM

11月下旬に開催したセミナーでの講演のタイトルは、ONE TEAM。
地域全体がひとつのチームということと、コンチネンスケアを通して(皆で考えることから)チームを作り、他のことにも波及して欲しいと考えているため、このタイトルにしました。
流行語大賞も取れるのではないかと予測しましたが、ねらいどおりでした。

具体的なプランはまだありませんが、先日のセミナーで「自分にできることをすぐに始める」と話したように私も、コアメンバーになって欲しい人に考えていることを話し、師長会でも説明しました。

皆で作り上げることが良いと思うので、一緒に考えてくれる人を大募集中です!

所属や職種は関係ありません。
コンチネンスケアについての理解を深め、職場に戻ってリーダーシップを発揮できるようになることを目指します。

現在は、地域性も踏まえて良い方法はないかと考えているところ。

ONE TEAMが誕生し、皆で育てられたら理想的ですよね。

 
*住吉大社の誕生石

いつもありがとうございます。     WOCN   ふりはた

良い年をお迎え下さい。

WOCNブログ

遺された者にできること

 先月末に皮膚科の河内先生が急逝されました。
病気療養中でしたが、10月から週1日のペースで診療され、11月から2日に増やし、先生を待っていた患者さん達が喜んでいた矢先のことでした。

突然のことに動揺していたところに追い討ちをかけるように、中村哲先生の訃報も入りました。
先生との出会いは、私がまだケマネジャーをしていた頃のこと。
中村先生の講演に感動し、NGOを支援させて頂いたこともありました。
書籍を購入したり、会報を読んだり、人に教えたり。
今回のような事故がないことを祈っていましたが、残念です。

11月末から時間が止まったかのように思考も停止して、前を向くことができない状態が続きました。
先生方にお叱りを受けそうなので、今年最後の数日間は、気持ちを切り替えて頑張ろうと思っています。

私が認定看護師になるきっかけはいくつかありますが、そのひとつに河内先生の存在があります。
先生は私のことを「鬼軍曹」と言っていたので、今頃「鬼の目にも涙」とか思っているかな。。。

四十九日を過ぎなければ極楽には行かないそうなので、最後のお別れまでもう少し、色々なメッセージを送りたいと考えています。
私がこれからやらなければならないことについて、智慧を授けていただけますように。

いつもありがとうございます。   WOCN ふりはた

WOCNブログ

セミナー裏話

 先週講師を務めたコンチネンスケアセミナーの裏話です。
前日の最終打ち合わせで、講演・事例発表・メーカーからの情報提供のあとのグループワークを、グループワークではなく、もっと気軽に話せる場にしたらどうかと提案しました。

グループワークを否定するつもりはありませんが、司会・書記・発表者など決めるとそれぞれの役に徹してしまい、しっかり話ができないことがあると感じていたからです。
担当者と協議の結果、グループワーク形式ではなく、懇親会形式となりました。
そして、各グループに私と事例発表者がファシリテーターとして着席する予定でしたが、それも止めて、途中から各グループを回って一緒に話をすることに。。。
グループ分けも、同じ施設の人は違うグループになるように変更してもらい、発表者も予め決められた人ではなく、マイクを向けられた人に話してもらうようにしました。

当日はどうなるか心配でしたが、どのグループも盛り上がって話している印象でした。
グループを回った時は、積極的に質問される人が多く、懇親会形式にして良かったと思います。

私の講演は前振りと考えていたので、予防的スキンケア・コンチネンスケア・地域連携などについて浅く、広く、簡単にまとめました。
「日頃のケアについて考えるきっかけつくり」「自分にできること・行動できることを具体的に考える」ということが最大のねらいだったので。

「いつかできたらいいな」ではなく、「できることをすぐに始めて欲しい」
職種や施設を超えた関係作りをしていくことが、私の数年来の目標です。

私はセミナーの講師でしたが、セミナーにインスパイアされて新たな構想も浮かびました。
受講者の方々も同じであって欲しいと期待しています。


*スウェーデンの施設は、ペンションみたいでステキですね。

いつもありがとうございます。   WOCN  ふりはた

WOCNブログ

がん対策推進のための講演会

「松本がん哲学 みずたまカフェ」を開催している斎藤 智恵美氏による講演会
「がんが届けてくれたもの~生きる事を考えるがん哲学の実践~」が、病院祭当日にあり参加しました。
斎藤さんは乳がん体験者であり、現在も経過観察中とのこと。
外見からは想像もできません。

治療の副作用により脱毛があり、息子さんの丸刈りと「お揃い」になった写真の紹介もありました。
その時の姿を残せるのは、様々な苦悩を乗り越えた強さなのだと思います。
そんな斉藤さんが、根源的なものを問う哲学を求め、実践されている姿は、カフェを利用されている方々に勇気と希望を与えているのではないでしょうか。

「がん細胞に敵意がなかった」と述べていらっしゃいましたが、どうしたらそのような気持ちになれるのか、お聞きできなかったのが残念でした。

2人に1人ががんになる時代。
体験者側、支援者側、それぞれの講演をお聞きしたいという気持ちと、地域住民対象の研修が必要だと痛感しました。

あんじゅ様手作りのお人形。

いつもありがとうございます。   WOCN   ふりはた

WOCNブログ

セミナーのお誘い

連続の告知になってしまいましたが、今月21日に「中南信コンチネンスケアセミナー」を当院にて開催します。(詳細は投稿したPDFを参照して下さい)

参加費は無料で、定員は40人です。
私の講演は、スキンケアやコンチネンスケアについてだけでなく、当院のコンチネンスケアの歩みや今後の展望についてもお話しようと考えています。

現在も課題があり、それらに取り組んでいる真っ最中ですが、
「これからチームを立ち上げる」「排泄支援加算の算定を検討している」「まだ、考えられない」などなど、それぞれのご施設での課題解決のヒントになれば。。。と考えています。
取り組み事例発表もあるので、講演よりも参考になるかも!?

グループワークでは、それぞれの課題などを話して頂いたり、施設では話せないことなども遠慮なく話せる場になれば良いですね。

締め切りは14日ですがまだ余裕があるため、申込みをされていないご施設の方は、職場の方と一緒に是非、参加して欲しいと思います。
管理者・リーダー向けですが、現場スタッフの方も一緒に参加されることをお勧めします。

セミナーに参加することが、成功への道の第一歩になるよう、お手伝いできるのを楽しみにしています。

どうぞよろしくお願いします。
中南信コンチネンスケアセミナーPDF

いつもありがとうございます。   WOCN   ふりはた

WOCNブログ

ご案内

11月3日日曜日に病院祭が開催されます。
今年のパネル展示のテーマは、失禁関連皮膚炎について。
タイトルは「失禁関連皮膚炎は体も心も傷つけます」にしました。

失禁関連皮膚炎とは、尿や便(あるいは両方)が皮膚に接触することにより生じる皮膚炎ですが、病名ではなく局所に炎症が存在することを示す広義の概念になります。
したがって、おむつ皮膚炎や真菌感染症も含まれ、陰部だけでなくソケイ部まで発生します。

おむつの交換時間やスキンケアを見直すことで予防が図れるため、退院後もケアを継続して欲しいのですが、実際はできていないように感じています。
啓発の意味も含めて、分かりやすく作成したつもりなので、パネル展示コーナーへお立ち寄り下さい。
サンプル品やパンフレットも準備する予定です。

また、15日金曜日は18時~外来棟会議室にて学習会を開催します。
地域の施設職員、ケアマネジャー、訪問看護師、訪問介護員などが対象です。
今月は「創傷・スキンケア・スキン-テア・褥瘡」をテーマに、演習なども取りいれようかと考えています。
申込みは不要ですのでお気軽にお出かけ下さい。

堅苦しくない、楽しい学習会を参加者の皆さんと一緒に作るのが、理想的だと思っています。

仁和寺の二王門(京都三大門のひとつ)

いつもありがとうございます。   WOCN   ふりはた

WOCNブログ

10月20日は“床ずれ予防の日”

床ずれ(褥瘡)は、自分で寝返りができなかったり、トイレで排泄が出来なかったり、十分に栄養が摂れない人などに多く発生します。
自立している高齢者でも、風邪を引いて少し寝ていただけでもできてしまうことがあるため、「歩けるから大丈夫!」ということはありません。
また、形や色など、いつも同じような傷ができるわけではないため、「床ずれ」と気付かず、感染を起こして緊急入院する方もいらっしゃいます。

日頃から「床ずれができる可能性が高い」とはどのような状態なのかを知り、大丈夫かどうかチェックすることが大切です。
当院では褥瘡の危険因子評価を全入院患者さんに行い、褥瘡発生の可能性がある場合には看護計画を立て、予防的なケアを開始します。
持ち込みの褥瘡がある患者さんには、退院までのゴールを設定し、治療方針を医師と一緒に考え病棟スタッフと共有しています。

床ずれは予防することがポイントなので、患者さんの危険因子にあったケアを実施して欲しいです!!
ちなみに当院では「基本的動作能力(ベッド上自力体位変換)(イス上座位保持、除圧)」「病的骨突出」「関節拘縮」「栄養状態低下」「皮膚湿潤(多汗、尿失禁・便失禁)」「皮膚のぜい弱性(浮腫)(スキン-テアの保有・既往)」をチェックし、予防的スキンケアやマットレスの交換、体位変換・ポジショニングを必ず実施しています。
日本褥瘡学会のホームページも是非チェックして下さい。
床ずれ予防パンフレットもダウンロードできますよ。

熱田神宮の大楠 

いつもありがとうございます。  WOCN  ふりはた

WOCNブログ

活動の場を更に広げる

この頃、投稿が滞っていて反省しています。
セミナーは相変わらずのペースで参加しており、ネタはたくさんあるのにすみません。
「忙しいから」とは言いたくありませんが、最近介入した患者さんから、多くのことを学びました。

当院は精神科病棟を有し、精神科の訪問看護も併設しているため、ストーマや褥瘡を保有する患者さんの支援をさせていただくことがあります。
今回も精神疾患を有する患者さんの転院を通して、精神科単科の病院について考えさせられることがありました。
とても大きな課題なのですが、知ってしまった以上「何かしなければ!」と考え、アクションを起こしました。

精神科の患者さんの平均寿命は、一般の人に比較して10年程度は低いと聞きました。
今までは何もできなかったけれど、精神科単科の病院と医療連携を図るために、とりあえず1歩だけ前進できたと思っています。
できることからすぐに始める。
やるだけのことをやる。
そんなことを考え、行動をしているこの頃なのです。

藤原鎌足が祭神の談山神社

 いつもありがとうございます。   WOCN   ふりはた

WOCNブログ

終わりよければ全てよし

前回の続きというか、内容の報告を投稿します。

学会というと、教育講演やシンポジウムに参加することが殆どで、一般演題やポスター発表会場に足を運ぶことは、あまりありません。
抄録を読んでいるということと、どうしても聞きたい講演と時間が重なってしまうことも理由のひとつ。(言い訳?)
今回は、医療関連機器圧迫創傷や終末期に関する、発表に興味があり満員の会場で、頑張って聞きました。

がん患者さんの痛みは、創部以外の皮膚にも存在し処置後にも継続すること、がん疼痛部位が刺激されたことにより痛みの状況が広がるという発表がありました。
痛みがないように事前に痛み止めを使用してから、処置を行うようにしていても、
期待するほどの効果がなかったり、痛みの範囲が患部よりもかなり広いと感じることは、
経験的にありました。
発表を聞き今後は、刺激の少ない方法を病棟スタッフと一緒に考えてみようと思います。
分からなかったことが分かるのって、楽しいですよね。

真田先生のランチョンセミナーは、お弁当を早々に食べてしっかりとメモを取れるようにしてからの参加です。
終末期には腸骨と大転子部に褥瘡発生し、線形で、明瞭な紫~赤黒色の紫斑と紅斑の2重発赤を呈し、発生後2週間以内に死亡することが多いそうです。
どんなに予防的に関わっていても、発生させてしまうことがあり、
病棟看護師は心を痛めへこみますが、「これは予防できなかったし、仕方がない。旅立ちの日が近づいて来たということなんだよ」と返すようにしていました。
2週間以内という数字や、形については指導していなかったので、サインを見逃さないようにと加えようと考えています。

ポスター発表は発表者と距離が近く、気軽に質問ができるのが楽しかった~。
資料もいただいて、大満足。
終わりよければ全てよしの学会でした。

 

コングレスグッズでいただいたステキな扇。宮内庁御用達店の物です。
スイーツもありましたが、温かい内に食べました。
京都らしいおもてなしですね。

いつもありがとうございます。   WOCN   ふりはた

前回の投稿で「全員参加型ワークショップ バーチャル症例検討 帰れま10!」の
「ま」が変換ミスにより「間」になっていました。
司会の安部先生からご指摘を受けてしまい、翌日にしれっと訂正してもらうことに。
先生の大ファンを公言しているにも係わらず、信じられないミスをしたことがショック!
1番気付いて欲しくない人に、ばれてしまった。。。

WOCNブログ

今年の学会は。。。

今年の褥瘡学会は、トラブルから始まりました。
本当は前泊したかったのですが、実習生の受け入れ、学習会の依頼などがあり、当日京都へ。
楽しみにしていたランチョンセミナーには参加できるはずが、とんでもないことに。。。

特急しなのが雨天のため木曽福島駅で一旦停車し、その後、運休している駅の1つ前の駅まで、減速して運行し停車。
「安全が確認できた後に復旧するが、目処は立っていない」といった内容のアナウンスが流れたので、状況は理解できましたが、セミナー参加は絶望的に。
運行中の車両では、眠るつもりはなくても眠っているのに、停車中の車両では全く眠れない!
電車の中で書類や資料の下書きとかすることもあるけれど、今回は出来ないっ!
「運休」と言ったので名古屋までたどり着けないのかとやきもきしましたが、
実は「見合わせ」だったのかなと後から思いました。

完全に出鼻をくじかれ、毎年楽しみにしている「帰れま10」の参加もできず、
1時間立ち身で一般演題を聞き、その後座って一般演題を聞き、会場を後にしました。
医療機器関連圧迫創傷他の発表は参考になるものがあり、帰れま10に参加できなかった恨み!?は、来月の学習会や発生率を下げることで果たすぞと、
考えながら地下鉄に乗りました。
それにしても、鉄道に詳しい!?安部先生は「払い戻しになるから、改札を出る時に気をつけて」とか即答。
学会参加絡みの移動トラブルは、これで3回目ですが、今回が1番きつかったかな。

学会の内容については、次回投稿します。 

*京都コーヒー フレンチプレス(コーヒープレス)を使うみたいです。

一瞬、間違えて紅茶を持ってきたのかと思いました。
奥のお皿には、熱々のタマゴサンドが乗っていました。

 

いつもありがとうございます。   WOCN   ふりはた

 ランチに入った店でおばんざいを注文し、少し経ってから「ご飯が炊けるのにあと15分位かかります」と言われがっかり。
「ついてない時ってこんなもの」と、両隣で美味しそうにご飯を食べている人を、つい恨めしく見てしまったのでした。

WOCNブログ

美味しく・楽しく

前回同様、病態栄養について投稿します。
私は、臨床から少し離れてしまっているので、(病棟から相談があった時、その他ラウンド時のみしか病棟には顔を出せないため)
忘れてしまっていることや、分からないことなどが沢山あると感じています。
1人でできること、時間は限られており、現場のナースが1番の頼り。

食事の摂取量や嚥下状態、口腔ケアを実践しているスタッフからの情報収集、情報の共有が大事なのですが、それをどう活かしていくか。。。
まだ、勉強中の身なのでよいプランが浮かびませんが、管理栄養士、言語聴覚士、薬剤師と相談していきたい!
多職種連携ですね。

ただ、話についていかれないと思うので、まずは自分の知識を深めることが目標。
(誰か、家庭教師してくれないかな)

ある特養の1年半の口腔ケア効果に、
「口腔および咽頭の細菌数が減少、発熱の回数・期間の減少、歯肉炎や口腔粘膜の炎症が減少、口臭がしなくなった、食事量が増えた」といったことがあったそうです。
どれも嬉しい事ばかり。
入院中だけでなく、退院後も継続していっていただけると助かりますね。

ちなみに、言語聴覚士が摂食嚥下障害をテーマに、毎月学習会を開催しています。
今年9月で1年経過するため、11月から皮膚・排泄ケアについて、奇数月に学習会を開く運びになりました。
言語聴覚士が偶数月に行い、交互に学習会を行う予定です。
地域の施設スタッフの方々と、現場の悩みや困りごとなどを聞きながら、
美味しく・楽しく食べられることについても、一緒に学びたいと考えています。

 

*住吉大社反橋

あいにくの雨でしたが、幻想的でした。

いつもありがとうございます。  WOCN  ふりはた

WOCNブログ

あこがれの栄養学

先月末に京都で開催された、病態栄養看護師セミナーに参加してきました。
「専門病態栄養看護師」とは
よりよい栄養管理を行うために、専門的知識および技術を有する看護師の資質向上と、国民の健康増進に貢献することを目的として認定された資格です。
試験は来年9月頃辞実施の予定とのことなので、看護師の資格としては新しい分野になります。
私自身が受験するかどうかは未定ですが、管理栄養士や薬剤師とは違う、「看護の視点で適切な栄養管理ができるようになれたらいいな」と思っているところです。

「塩分制限のため、食事を全量摂取できない患者さんにはどうしたら良いと思いますか」という問いに「制限を緩くする」と考えましたが、
講師は「私だったら常食に戻す。きっと全量は食べられないから、結果的に塩分制限になる。」と述べていました。
確かに、そうなんですよね。
献立の内容が完璧でも、残してしまったら意味がない。
私がずっと思っていたことを肯定してもらい、スッキリしました。

食べられないと排泄や褥瘡、傷などの治りにも影響するため、私にとっては死活問題!?だし、
栄養学は憧れの分野なのです。


*京都駅にて撮影

いつもありがとうございます。   WOCN   ふりはた

WOCNブログ

医療安全とのリンクアップ

 今月上旬に褥瘡専任看護師数名を連れて、褥瘡と医療安全についてのセミナーに参加してきました。
ここ数年は、スキン-ケアや医療関連機器圧迫創傷など、医療安全管理室との連携の必要性を痛感しています。
今回は、ちょうどよい機会だったので、頑張って行ってきました。

医療安全の講演タイトルは「ノン・テクニカルスキルの重要性~医療安全とコミュニケーション」

事故の原因は、コミュニケーションエラーが70%を占めているのこと。
「一度無視されても2回は伝える努力をする」
「いったん中断して私の話を聞いてくださいと伝える(CUS)」
主治医や先輩ナースへ、誰でも言えるようになることが大切だと思います。
ちなみにCUSとは・・・
I am concerned!  気になります。
I am uncomfortable! 不安です。
This is a safety issue! 安全の問題です。
それぞれの頭文字をとっているそうです。

ちょっとしたことでも、何でも言い合える関係になれるといいですね。

「何かおかしいぞ」と確認しあえるチームであることが重要。
「ルールを守る者はルールに守られる」
普段から指導していることですが、「医療安全のセミナーでも言っていたよ。」というと
効果的だと思うので、当面使わせてもらうつもりです。

三島由紀夫記念碑、達筆ですね。

いつもありがとうございます。  WOCN   ふりはた

WOCNブログ

多忙を極めた日

認定活動を凝縮したような、忙しい日がありました。
今まで、1日のスケジュールや、業務内容は投稿したことがなかったため、ご紹介いたします。

出勤するとまず、メールのチェックと電子カルテから情報収集を行います。
夜間帯に緊急入院した患者さんの情報や、術後の経過、その他入院中の患者さんの状態、褥瘡対策診療計画書の確認、チーム介入依頼の受付など。
情報収集中に、病棟NSからコンサルテーション依頼のCallが入ります。

対応していると病棟クラークから、計画書や排尿ケアチーム介入依頼などの書類が届くため、一通り確認してから病棟ラウンドへ。
(書類は事務担当者のところへ届けます)

精神科病棟は鍵がかかっているため、鍵を持参する必要があり、紛失すると大変なことになるので、どんなに忙しくても、精神科病棟へ行く直前に鍵を持ち、終わったらすぐに戻すようにしています。

あの日は病棟へ行く時間がなく、すぐにストーマ外来を開始。
その後ストーマサイトマーキングを外科病棟で実施し、午後は、排尿ケアチームのラウンド、その後退院後訪問指導へ。
精神科病棟の看護師と一緒に、ターミナル期のオストメイトの自宅へ訪問し、1時間以上の滞在。

訪問から戻ったら、持込褥瘡のコンサルテーションやスキン-テアの報告などが数件あり、各病棟ラウンドへ。
オストメイトからの電話相談対応、看護大学の先生方との実習(診療看護師の実習)についての打ち合わせもあり、本当に忙しい1日でした。

以上の業務に加えて、糖尿病教室や各病棟(各チーム)での学習会の講師、委員会やチーム会への参加などが主な業務内容です。
記録をしながら、「今日って認定活動を凝縮したような日だったなぁ~」としみじみ感じました。

病棟への移動には階段を使うため、毎日けっこうな歩数を歩いていると思いますが、ちっとも痩せません。
忙しさと比例すればいいのに。。。

 
*夏はやっぱりカレー!ラッシーとの組み合わせが最高!!

いつもありがとうございます。   WOCN  ふりはた