統括院長あいさつ

 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
 皆様には日頃より北アルプス医療センターあづみ病院の病院運営にご理解、ご支援をいただき、誠にありがとうございます。2021年の年頭に当たり新年のご挨拶を申し上げます。
 希望と期待を持って迎えた2020年は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の蔓延で卒業式や入学式、果てには結婚式に至るまで人生における大切なイベントが次々と中止や延期になりさみしい一年となりました。当院においても、厚生連体育大会、病院祭・農業祭、忘年会を始め、部署ごとの歓送迎会や会議もすべて中止となり大変な一年となりました。
しかし、悪いことばかりではありません。大町保健所や大北医師会の先生方の協力を得ながらCOVID-19の対策を通して感染対策の充実を図ることができました。院内で集団感染を起こすと病院機能はストップし、地域の皆さんを始め遠方から当院での治療を希望して通ってこられている患者さんに多大なる迷惑をおかけしてしまいます。『当院を受診(入院)される患者さんと職員を感染から守る』を合言葉に、感染制御室長の小口先生と感染管理認定看護師の小山主任を中心に多くの部署の職員に頑張っていただいています。そのお陰で、COVID-19やインフルエンザの水際でのブロックを持続できています。すべては患者さんのご協力と職員の努力のお陰と深く感謝しています。
 これまでは、二次救急、がん治療(『地域がん診療病院』に認定)や在宅医療をはじめとする多岐にわたる地域医療の充実と、専門分野のセンター化(現在は女性骨盤底医学センター、肩関節治療センター、循環器病センター、認知症疾患医療センター)の推進を2本柱として医療の充実を図ってきました。今年はそれらに加えて「質の高い医療と社会への貢献をとおし、地域の皆さまから信頼される病院を築きます。」という当院の理念に従って、病院機能の効率化を図っていきます。具体的には、外来診療ブースの増築と担当医師の再編によって患者さんが質の高い医療を受けられるように外来環境を整え(外来再編)、入院病床を効率良く使うことによってより多くの患者さんの入院に対応できるように(病棟再編)していきます。
今年が北アルプス医療センターあづみ病院のさらなる飛躍の年になりますよう、また皆様にとりまして幸多い年になりますよう祈念しまして新年の挨拶とさせていただきます。

2021年1月1日 北アルプス医療センターあづみ病院 統括院長 畑 幸彦