教育・研修

教育方針

  1. 看護部理念に基づき、安全で質の高い看護サービスが提供できる看護職の育成を目指す
  2. チーム医療の中で看護の役割を認識し、自律した看護職の育成を目指す
  3. 個々の看護職員のニーズと目標を尊重し、専門職業人として成長が出来るよう支援する

新人教育

2年間で行っています。
1年間はプリセプターシップで、看護技術の習得に向けて丁寧に指導し、担当者だけでなく、病棟スタッフ全員でサポートいたします。
基礎的看護技術指導方法についてプリセプター自身も研修を受け、より内容の充実した教育になるよう工夫しています。
2年目は訪問看護への同行訪問研修、集合研修でフォローアップ研修を行っています。

継続教育

院内:

  • 経験年数別研修 (事例発表・グループワーク)
  • キャリア開発プログラム トピックス研修

院外:

  • 長野県看護協会開催の研修受講
  • 県厚生連、リフレッシュ研修(勤続3年未満看護師 年2回 宿泊研修)
  • 県厚生連、看護師研修(テーマ別 年3回)
  • 県厚生連、中堅職員研修(勤続5年以上)
  • 県厚生連、幹部看護師研修(師長・主任クラス 年3回 内宿泊研修2回)

研修支援体制の充実

  • 認定看護師、専門看護師養成課程受講・・給与のほか研修費用支援
  • 県内外研修費用の支援

福利厚生他院内外活動

  • 看護部に自治会「さつき会」
  • クリスマスリース・正月飾り・バスハイク(家族OK)
  • 労組青年部中心に地域の夏祭り参加
  • 厚生連体育大会への参加(野球部・バレー部・卓球部・応援団など)
  • 写真部・コーラス部
  • 同好会(相導寺焼き・手話・フットサル・ほか)
  • 病院祭(毎年10月 に開催)
  • 職員旅行(年1回 隔年海外旅行)