リハビリテーション科のイメージ

リハビリテーション科

白馬診療所のリハビリ施設は、雄大な北アルプスの麓、中信地域の最北端に位置し、白馬村・小谷村・大町北部地域の患者様を受け入れています。平成15年から本格的なリハビリ施設として稼働を開始しました。
現在は、常勤理学療法士3名、常勤作業療法士1名の4名体制でリハビリを実施しています。

主な日常業務は、大きくは診療所の外来リハビリテーションと訪問リハビリテーションの2つです。
内訳は、理学療法士2名が外来専従、残りの理学療法士1名と作業療法士1名が訪問リハビリテーションと外来の兼務となっております。外来の疾患別割合は、肩関節疾患(腱板断裂術後、腱板損傷、肩関節周囲炎等)がおおよそ6割程度で、その他慢性腰痛、膝や股関節の関節症、頚椎症、スポーツ外傷、手の外科術後等があります。その他に、最近のコロナ感染の関係で極めて小規模ながら、長野県の要請を受けて国体バドミントン競技選手のメディカルチェックや国体への帯同、登山教室等もしております。

訪問リハビリは、白馬村、小谷村をメインに活動をしています。高齢者世帯が多い地域でもあり、年々その需要が増加の一途をたどっています。
対象疾患は、脳卒中後遺症、特定疾患、脊髄損傷、変形性関節症等で、特に冬の降雪時の訪問は、雪深い山間地域のみでなく平野部も移動が大変で悪戦苦闘しています。

しかし、1年を通じて刻々と変化する雄大な山並みの景色にはいつも元気と勇気をもらいながら日々頑張っています。

作業療法士:西川理   理学療法士:武田和宜  理学療法士:宮下貴史  理学療法士:服部徹