セカンドオピニオンのごあんない

≪当院がセカンドオピニオンをお受けする場合≫

セカンドオピニオンの目的

あづみ病院では、当院以外の主治医におかかりの患者さんを対象に、診断内容や治療法に関して、当院の専門医師からの意見・判断を提供いたします。
その意見・判断を、患者さんがご自身の治療に際しての参考にしていただくことを目的といたします。
患者さんからのお話や、主治医の先生からの資料の範囲で判断をさせていただきますので、新たな検査や治療は行ないません。
セカンドオピニオンは、現在の診断内容や治療法に関して意見を提供することが目的ですので、主治医の「診療情報提供書」が原則必要になります。
また、当院でセカンドオピニオンを受けた日に転医を勧めることはありません。

相談の対象となる方

ご本人の相談を原則とします。
同意書をお持ちの場合はご家族だけでの相談が可能です。
なお、患者さんが未成年の場合は、続柄を確認できる書類(健康保険証など)をお持ちください。

相談の対象にならない方および内容

  1. ご本人とその家族以外は相談ができません。また、ご家族でもご本人の同意書をお持ちでない場合も相談ができません。
  2. 主治医に対する不満、転医希望、医療過誤、裁判係争中に関する相談はお受けできません。
  3. 相談の内容から、セカンドオピニオンよりも受診をしていただくのが良いと判断する場合は、受診をお勧めいたします。
  4. 相談の内容から、当院では意見・判断の提供ができないと判断するものはお受けできません。

相談の内容の例および対応可能診療科

以下に例をお示ししますが、ここに掲載されていない治療に関しても相談は可能です。
ご連絡の相談内容により、当院で担当者が予め判断したうえでセカンドオピニオン相談の可否の決定をいたします。
内容によってセカンドオピニオンをお断りする場合がありますのでご了承ください。

  1. 外科的治療法と内科的治療法で迷われているとき
  2. 現在の治療法に不安を感じられているとき
  3. 外科的手術を受けるよう勧められているとき
  4. 当院が対応可能な診療科
    内科、神経内科、循環器内科、精神科、心療内科、小児科、整形外科、呼吸器外科、皮膚科、泌尿器科、麻酔科、歯科口腔外科
    例でありますので、上記以外についてもお問い合わせください。

相談時間および料金

セカンドオピニオンは、自由診療(自費)になります。健康保険は使えませんのでご注意ください。
相談は、完全予約制です。お申込み後、当院から相談日のご連絡をいたします。

  1. 一人について相談時間は1時間以内とさせていただきます。事前にお預かりした資料を当院の医師が十分に検討したうえで面談いたします。
  2. 相談を担当する医師は、当院の医師のなかから専門性を考慮して当院で決定いたします。
  3. 費用は、22,000円(税込み)です。費用には、患者さんへの説明書と紹介元医師への報告書作成料を含みます。相談日の相談終了後にお支払ください。
  4. ご予約料金・キャンセル料金はありません。

相談までのながれ

  1. あづみ病院地域医療連携課にお電話にてご連絡ください。電話0261‐61‐1455。受付時間は平日9時から16時までです。
  2. 当院の担当者が概要を伺い、次の書類をお送りいたします。
    ・ 「セカンドオピニオンのご案内」
    ・ 「申込書」(ダウンロードしてご使用いただけます
    ・ 「診療情報提供書」(主治医の先生が用意された物でも可能)
    ・ 「同意書」(ご家族が相談を希望される場合)
  3. 上記の「申込書」をFAXまたは郵送でお送りください。
  4. 「申込書」に基づき、当院での相談受付の可否を判定します。あわせて、当院の担当医師を選任し相談日を決定しご通知いたします。
  5. 主治医の先生から、「診療情報提供書」を作成していただき、付随する資料をお借りしてください。それらを相談の3日前までにあづみ病院地域医療連携課へ提出してください。(郵送可)
    付随資料となるもの
    ・ 血液検査結果
    ・ 超音波検査結果および画像
    ・ CT、MRI、放射線(レントゲン)の画像
    ・ 内視鏡検査結果および画像
    ・ 病理検査報告書
    ・ 処方内容
    ・ その他、治療に要した検査等の結果
  6. 相談日当日は、地域医療連携課へお越しください。当院担当医師へは職員がご案内いたします。
  7. 相談後、患者さんへの説明書と紹介元(主治医)先生への報告書が交付されます。(後日郵送となる場合があります)その後、医事課会計窓口でお支払をお願いいたします。

相談に際して必要な物

  1. 相談者が本人以外の場合、「同意書」が必要です。また、本人が未成年の場合は続柄を確認できる書類(健康保険証など)をお持ちください。
  2. 資料が事前に提出できなかった場合は、相談日にお持ちください。主治医からの情報提供書や資料がない場合には、一般的なお話しかできず、セカンドオピニオンとして有効な意見・判断の提供ができませんので、必ずご準備願います。

その他

自由診療と保険診療の混合診療は禁止されていますので、セカンドオピニオン相談日は他の保険診療を受けられません。
当日は、相談のみに来院されますようお願いいたします。

≪他の医療機関のセカンドオピニオンを希望される場合≫

他の医療機関のセカンドオピニオンを希望される場合は、遠慮なく主治医にお申し出ください。他の医療機関の医師が意見を述べやすいように、紹介状や検査データ等の資料を準備してお渡しいたします。
地域医療連携課でご希望の医療機関の連携部署と連絡をとりあい、相談までのお手伝いをいたします。遠慮なく地域医療連携課へご相談ください。