外来化学療法

外来化学療法室

 当院では、化学療法を受けておられる方に、安全でかつ快適な治療を受けていただけるように専用の治療室が設置してあります。これまで入院を必要としていた化学療法が、家庭で生活しながら通院で行うことができます。
 外来棟2Fにある化学療法室は、それぞれ個別で仕切られた6床のベッドと2床のリクライニングシートでゆったりと楽な姿勢で、プライバシーを確保され、安心して治療が受けられるよう配慮をおこなっています。各ベッドサイドにはテレビを設置していますので、テレビを観ながら治療を受けることも可能です。 また、入口右手には待合スペースがあり、ウィッグや帽子の展示、各種パンフレットを用意してありますのでお気軽にご覧いただけます。治療当日はベッドまたはリクライニングシートまでご案内いたします。同時に、薬剤師が薬の相談にも随時応じております。
そして、3名の専任看護師(うちがん化学療法看護認定看護師1名)が「安全・確実」に治療が行えるように努めていきます。 治療中だけでなくご自宅に帰られてからの事も含め副作用を最小限にし、日常生活に支障を来たすことなく治療が続けられるようスタッフ一同支援していきます。

 

セルフケア支援

専任看護師が「化学療法問診票」をもとに、自宅での生活の様子や副作用の有無とその対処方法などを伺いながら患者さんやご家族と一緒に最善のケアを考えていきます。また、医師や薬剤師とも情報交換をおこないながら、患者さんが安心して治療が受けられるよう身体的・精神的サポートをしていきます。
 

薬剤指導

外来の治療日には担当薬剤師が訪室し、副作用の有無や程度、服薬状況の確認をおこないます。また、症状に応じた薬剤の提案や服用方法の指導をおこないます。

薬剤の調製

薬剤師は調製室で無菌的に薬剤を調製しています。
薬剤の名前や投与量などを確認しながら調製しますので調製完了までに時間がかかることもあります。

多職種との連携

安心して治療が続けられるよう多職種と連携し支援いたします。

レジメンとは

薬物治療における薬剤(抗がん薬)の種類や量、期間、手順などを組み合わせた時系列的な治療計画をいいます。

化学療法登録レジメン

悪性リンパ腫
骨髄異形成症候群
多発性骨髄腫
白血病
胃がん
大腸がん
肝・胆・膵臓がん
乳がん
肺がん
前立腺・膀胱がん
卵巣がん

お問い合わせ

外来化学療法室には専任看護師や担当看護師がいますので、心配事や質問などありましたらお気軽にご連絡くだい。
担当部署:外来化学療法室
受付時間:平日 午前8時30分 ~ 午後5時
電話番号:0261‐62‐3166(代表)