電話番号0261-62-3166

平日
7:30~11:30
第1、3土曜日
7:30~11:00

※診察開始は9時から

腎臓内科

診療科紹介

腎ぞうはからだの中の水分の質と量をコントロールする臓器です。腎ぞうの異常は、初めのうちは多くが自覚症状を伴いません。しかし一旦異常が起こり腎ぞうの力が衰えると、現在の医療では元に戻せなくなります。腎臓の力の衰えが進行して腎ぞうの大半が働けなくなると、腎代替療法(腎移植や透析)が必要となります。

腎臓内科では、

  1. 腎障害の発生や進展を抑える
  2. 腎障害が全身に及ぼす悪影響を予防・緩和する
  3. 透析療法(血液透析/腹膜透析)

の必要な患者様の透析治療・全身管理をおこなうことを診療の柱としております。

診療体制

専門医2名(常勤1名、非常勤1名)が診療をおこなっております。

対象疾患

  • 腎炎
  • ネフローゼ
  • 急性腎不全
  • 慢性腎臓病(CKD)
  • 末期腎不全

診療内容

  • 腎生検
  • 内シャント作製
  • 経皮血管拡張術(シャントPTA)
  • 体外循環治療(血液透析、腹膜透析など)

担当医表はこちら