臨床検査科

臨床検査科は一般・血液・生化学・免疫・輸血・微生物・細胞病理・生理(含超音波センター)・ 中央採血の部門で構成されており、各検査は国家資格を持つ臨床検査技師によって行われて います。また学会の認定する細胞検査士・認定輸血検査技師・糖尿病療養指導士・超音波検査士(消化器・循環器・健診・泌尿器)・認定救急検査技師・医療情報技師の認定を取得した技士を配置し専門性を高めた検査体制を確保しています。
検査室内にとどまらずICT・NST・褥瘡対策のチーム医療、外来・病棟採血、糖尿病教室、健康教室、 検査結果説明(ドック・外来)・感染対策の地域連携などにも積極的に参画しています。

私たちの目指すこと

  • 皆様に満足いただける医療実現のために、患者さんの立場になり考え、思いやりのある医療従事者として行動します。
  • 正確な臨床診断に繋がるような検査結果の正確性と迅速性を保持できるよう、日々知識の修得と技術の研鑽に励みます。
  • チーム医療を通じて、あらゆるニーズに即応できる臨床検査技師となるよう努めます。

中央採血

外来患者さんの採血を中央化しています
採血の集中する曜日にはお待たせしてしまう事もありますが、採血間違い回避のため、誕生日の聞き取りを実施して安全管理に務めております。ご協力をお願いします。

生化学検査

生化学検査は採血して得られた血液をもとにして分析が行われます。
主に電解質、酵素、脂質、蛋白質、体内代謝産物などが自動分析機により処理されます。
これらの項目の組み合わせで体内の状態を把握する事が出来ます。
感染症、腫瘍マーカー、ホルモンなども検査しています。
臨床検査技師はこのデータが日本のどこの病院で測っても同一の数字が出るように標準化されたデータの提出に努めています。
そしてより迅速に、より正確に届けることでより有意義なものになると考えます。

一般検査

一般検査で扱う検体は 尿・便・髄液・穿刺液(胸水・腹水・関節液)などが対象です。
尿は腎臓で血液より造られます。試験紙を使って尿の定性検査や、顕微鏡による尿の成分を観察します。尿は全身の状態を反映するので病気の手がかりをつかむのに大切な検査です。

便は消化からの出血の有無を調べる便潜血反応検査を行います。また寄生虫の検査も行います。
これらは一部は自動化が進んでいますが、一般検査のほとんどは技師の技術に支えられる部分が多く、経験と知識が要求される部門です。

血液検査

血液検査には血球数算定検査、血液像検査、凝固・線溶検査などがあります。

  • 血球数算定検査
    血球と呼ばれる細胞成分は赤血球・白血球・血小板に分類されます。これらの細胞の数やヘモグロビンの濃度などを測定します。
  • 血液像検査
    細胞を染色し、形態を顕微鏡を使って調べます。
  • 骨髄像検査
    血液の大部分は骨髄で造られています。腸骨や胸骨に針を刺し採取した骨髄の細胞の形態を顕微鏡を使って検査します。白血病などの血液疾患の診断に必要な検査です。
  • 凝固・線溶検査
    血液の中には血液を固まらせたり、いったん固まった血液を溶かしたりする働きを持つ成分があります。

これらの機能を調べる検査です。

輸血検査

安全な輸血を提供するために血液型・抗体スクリーニング・交差試験・抗体同定などを行います。輸血関連の検査を自動化することで、血液型等の入力間違いを回避し安全管理に繋げています。
血液製剤には、赤血球製剤、血小板製剤、新鮮凍結血漿などがあります。
不足しがちな血液製剤の廃棄を少しでも減らし、必要な患者さんに使っていただけるように製剤の適正な使用に努めています。

細胞・病理検査

患者さんが病院に来院されると、適切な治療のために適切な診断が必要になります。
患者さんの体より採取された病変の組織や細胞から顕微鏡用のガラス標本が作られます。この標本を顕微鏡で観察して診断するのが病理診断です。
病理診断を行う医師が病理医です。
得られた結果は、担当医師に提供され治療に生かされます。『病理診断』は最終診断として大きな役割を果たし、より質の高い医療の提供につながります。
病理診断には以下のものがあります。
細胞診断、生検組織診断、手術で摘出された臓器や組織の診断、手術中の迅速診断、病理解剖

微生物検査

感染症の診断は、まずその疾患が感染症であるか否かを判断することから始まり、それがいかなる病原体によるものかを正しく診断する必要があります。
さらに薬剤耐性菌の増加が問題となっている現在、有効な治療を行うためには薬剤感受性試験が必須です。
結核などの抗酸菌検査や集団食中毒で問題になるノロウイルスの遺伝子検査など特殊な検査も行っています。
得られた情報はICTやNSTの活動にも利用され治療や院内感染などの安全管理にも役立っています。
専門知識を持った臨床検査技師が365日体制で検査にあたり、リアルタイムで臨床に結果報告が可能となっています。

生理検査

生理検査は直接患者さんに接する検査です。
心電図・ホルター心電図・負荷心電図・心臓超音波検査・トレッドミルなどの心臓の検査、肺機能、脳波、筋電図、そしてABI・頚動脈超音波検査などの動脈硬化の検査を主に行っています。

超音波

職種を超えて超音波検査のエキスパート達が超音波検査の需要増加に対応するために、中央化された超音波検査室で腹部や甲状腺・乳腺・血管・泌尿器・健診領域の超音波検査に対応します。
このシステムで技師を有効活用し飛び込み検査にも対応可能であり、また技術の習得や教育もし易くなりました。

検査内容について説明をしています。

ご自分の検査についてのご質問などございましたら、最寄の臨床検査技師にお気軽に声をお掛け下さい。待ち時間の合間などをご利用されても構いません。
また血糖の自己管理についてもアドバイスを行っております。
検査科へお立ち寄り下さい。