看護部

統括看護部長挨拶

厚生連病院の使命は、地域医療にあります。地域医療とは何かを改めて考えたとき、皆さまはどのようにイメージされるでしょうか。この北安曇郡地域に住まわれる地域住民が抱える様々な健康上の課題を受け止め、適切な保健・医療・福祉体制の実践対応とともに、患者さんを広く地域住民(生活者)として捉え、疾患だけでなく生活にも気を配り、安心して暮らしていけることができるように支える医療活動を展開することであると考えます。翻って考えたとき、看護はどのような医療実践が求められるでしょうか。地域住民が健康上の不安や悩みを持って医療を受けられている姿をやはり生活者として捉え、医療・看護を提供させていただくことが責務であります。そのため、患者さん一人ひとりの人生に寄り添う倫理的感性豊かな看護師育成を目指しております。

新人教育については、特に重要視しており、看護師個々の持ち味に合わせて集合教育と現任教育を行っております。看護師としての成長を看護部全体で見守り育み、ともに成長する環境を有している当院で看護を実践してみませんか。

南方英夫

看護部理念

私たちは、地域の人々の求める医療・看護が提供できるよう質を高め、安全な医療とホスピタリティ豊かな看護を、心を込めて提供します。

看護部方針

  1. 「看護者の倫理綱領」に基づいた看護実践を行います。
    重点項目 ①人間としての尊厳と権利の尊重 ②平等 ③信頼関係 ④自己決定権利の尊重と擁護 ⑤守秘義務 ⑥危険からの保護 ⑦実践した看護への責任 ⑧継続学習による能力の維持・開発 ⑨多職種と協働
  2. 人が育ち高めあう組織をつくります
  3. 看護の視点から健全経営に参画します

    ●看護師教育・研修

2019年度看護部目標

  1. 倫理感性を高め看護専門職として自己成長する
  2. 医療を必要とする患者を受け入れ、必要な看護を地域に引き継ぐ
  3. 人材育成の強化~厚生連キャリアラダーを運用し個々のキャリアプランの具体化をはかる~
  4. QC活動を通して効率かつ効果的な業務改善を実施する
  5. 6S「清潔・清掃・整理・整頓・しつけ(マナー)・スピード」の実践

     新人看護師ブログ「フレッシュナース」はこちら!

2019年度看護部構成人員

  • 保健師30名 助産師1名 看護師251名 准看護師12名
  • 看護補助業務(クラーク業務含む)49名(うち介護福祉士資格取得者22名)

合計343名(2019年4月現在)

認定看護師取得

  • 認定看護管理者 2名 小林由紀・田島貴光
  • 皮膚・排泄ケア認定看護師 1名 降旗理恵
  • 緩和ケア認定看護師 1名 中山京子
  • がん化学療法看護認定看護師 1名 山田藤香
  • 感染管理認定看護師 1名 小山洋子
  • 精神科認定看護師 2名 百瀬美絵・滝澤八寿波          (2019年4月現在)

看護体制

  • 病床数   320床 (一般病床150床 地域包括ケア病棟 50床 精神科病床120床)
  • 看護単位  6病棟
  • 看護方式  固定チームナーシング
  • 勤務体制  2交代制(一般病棟 日勤8:30~17:00 夜勤16:30~9:00)
    2交代制と3交代制の組み合わせ(精神科病棟のみ)
  • 入院基本料 一般病棟 7対1
    精神科病棟 13対1
    地域包括ケア病棟13対1

3階病棟

主に外科・呼吸器外科・泌尿器科・一般内科・血液内科の患者さんを受け入れしています。

4階病棟

主な診療科は整形外科であり、人工関節手術、脊椎の手術が多く行われています。

5階病棟

自宅での生活を安心して過ごせるように、患者さんに合わせた退院指導書を作成して説明をしています。

6階病棟

内科、小児科を主とした混合病棟であり、1歳未満のお子さんから100歳代の方まで幅広い年齢層の患者さんが入院されています。

こころのホスピタル

開放医療を基本とし、できる限り自由な生活を保障した療養環境を提供しております。

透析室

最新の透析技術を提供しながら、合併症の予防にも力を入れています。

内視鏡室

午前中は外来患者さんとドック検診の皆様の上部消化管内視鏡検査を行っています。午後は下部消化管内視鏡検査を中心に行っています。