指導医・研修医ブログ

血液内科と総合内科の日々~北アルプスを望みながら~ 2

内科の外来には、様々な患者さんが来られます。
総合内科の本などでは、「70−80%の患者さんでは、問診と身体所見で診断をつけることができる」などと書かれています。まずは、頻度の高い疾患はスムーズに診断できるように心がけたいです。

1.60歳代の女性。疲れ切った表情で診察室に入ってこられ、「昨日から、頭も肩も背中も痛い。食欲もなく体がつらくて動くことができない」という訴えでした。体温37.6度。頭部から順に診察を進めていくと、明らかに右下腹部に局在する圧痛あり。再度問診してみると「そういえばそこが痛かったように思う」との返答。腹部CTで上行結腸の憩室炎が疑われました。アモキシリン/クラブラン酸で、翌日には症状は速やかに改善しました。

2.80歳代の男性。2週間前に自宅で転倒して左胸部を打撲。痛みが持続するために1週間後に整形外科を受診。NSAIDsを処方された後も痛みが改善しないために受診。問診票を見た段階では、「肋骨のoccult fractureかな?」と思いつつ診察を開始。痛みの部位を確認するためにシャツをまくったところ、左胸部から背部につながる皮疹あり。ひとめでわかる帯状疱疹でした。高齢のためか、痛みの性状や変化については曖昧でした。打撲後に帯状疱疹を発症したものと考えられました。

血液内科 武岡康信

 

WOCNブログ

多忙を極めた日

認定活動を凝縮したような、忙しい日がありました。
今まで、1日のスケジュールや、業務内容は投稿したことがなかったため、ご紹介いたします。

出勤するとまず、メールのチェックと電子カルテから情報収集を行います。
夜間帯に緊急入院した患者さんの情報や、術後の経過、その他入院中の患者さんの状態、褥瘡対策診療計画書の確認、チーム介入依頼の受付など。
情報収集中に、病棟NSからコンサルテーション依頼のCallが入ります。

対応していると病棟クラークから、計画書や排尿ケアチーム介入依頼などの書類が届くため、一通り確認してから病棟ラウンドへ。
(書類は事務担当者のところへ届けます)

精神科病棟は鍵がかかっているため、鍵を持参する必要があり、紛失すると大変なことになるので、どんなに忙しくても、精神科病棟へ行く直前に鍵を持ち、終わったらすぐに戻すようにしています。

あの日は病棟へ行く時間がなく、すぐにストーマ外来を開始。
その後ストーマサイトマーキングを外科病棟で実施し、午後は、排尿ケアチームのラウンド、その後退院後訪問指導へ。
精神科病棟の看護師と一緒に、ターミナル期のオストメイトの自宅へ訪問し、1時間以上の滞在。

訪問から戻ったら、持込褥瘡のコンサルテーションやスキン-テアの報告などが数件あり、各病棟ラウンドへ。
オストメイトからの電話相談対応、看護大学の先生方との実習(診療看護師の実習)についての打ち合わせもあり、本当に忙しい1日でした。

以上の業務に加えて、糖尿病教室や各病棟(各チーム)での学習会の講師、委員会やチーム会への参加などが主な業務内容です。
記録をしながら、「今日って認定活動を凝縮したような日だったなぁ~」としみじみ感じました。

病棟への移動には階段を使うため、毎日けっこうな歩数を歩いていると思いますが、ちっとも痩せません。
忙しさと比例すればいいのに。。。

 
*夏はやっぱりカレー!ラッシーとの組み合わせが最高!!

いつもありがとうございます。   WOCN  ふりはた

スタッフブログ

緩和ケア学会に行ってきました!

 私たちは、「第24回日本緩和医療学会学術大会 緩和ケアのArt&Science In横浜パシフィコ」に出席してきました。
 発表は医師・看護師をはじめ心理士や社会福祉士、理学療法士の発表があり、緩和の定義・緩和医療から実際の患者さんの発表まで幅広い分野があり、主にはリハビリ関係のセッションを中心に参加してきました。
「がん終末期の緩和ケアに使えるリハビリの技術とは!」の中では、骨転位患者さんが動作を行う際に痛みを感じにくい動き方のポイントや、がん終末期の呼吸困難症状に使えるポジショニングの技術などを学びました。
 日々患者さんのことで悩んだり、落ち込んだりすることが多々ありますが、一番感じたことは、「私たちリハビリ専門職にはまだいっぱいできることがある!!」ということです。どんな形でもどんな方法でもよく患者さんにとっての最善のできることをすればいいんだ!!と学会参加後からモチベーションが更に上がり日々の業務に取り組むことができています。定期的に参加していくことの重要性と、それを周知し業務をカバーしてくれる仲間たちに感謝しつつこれからも自己研鑽に励みたいと思います。
                       
▲横浜中華街のすぐそばで宿泊しました。

 理学療法士 宮田美穂 稲葉絵里子

スタッフブログ

輸血検査研修会イムスクールに参加

 7月6日・7日の2日間、長野県で行われた輸血検査セミナー「イムスクール」に当院から検査技師3名で参加してきました。
初日の実技講習では試験管法により血型と不規則抗体の同定を行いましたが、試験管の振り方や、どのような手順で検査を行っていくと用手法でヒューマンエラーを防げるかなど認定輸血検査技師の方の指導のもと実技講習を行いました。

2日目は同様の検体を用いてカラム凝集法とキャプチャー法での反応強度の違いを、実機を用いて検査しました。
輸血検査では反応強度が弱い陽性像でも確実に拾っていかなければならない為、各方法による特性の違いや手技によるエラーをどのように防ぐかを2日間の実技講習を通し学ぶことが出来ました。今回の研修内容を日々の検査に生かしていきたいと思います。

検査科 小穴、黒岩、竹村

スタッフブログ

メディカル ケア セミナー研修に参加

  7月10日に長野市で開催されたモルテン主催「メディカル ケア サポート セミナー」に当院の看護師4名で参加してきました。

 医療機器の使用方法、褥瘡を含む皮膚障害について、医療安全についての講義がありました。
 皮膚障害の講義では「出来てしまったものを治す処置を覚えるのではなく、出来ないための予防方法を覚える」事が大切と学びました。
 また、医療安全の講義では医療事故の大半はコミュニケーションエラーが占めるため、心理的安全性のある職場環境の整備が大切であると学びました。
 今回学んだ事を日々の業務に活かして明るい職場で事故なく業務が出来るよう心がけていきたいです。

4階病棟看護師 小松

フレッシュナースブログ

2019新人研修~コミュニケーション~

 今日は午前中にコミュニケーション研修と夜勤シャドーの振り返りを行いました。
コミュニケーション研修では、演習を通して相手の受け取り方を考えたり聞き手は相づちや質問などの反応を示すことで円滑なコミュニケーションにつながることを学びました。
夜勤シャドーの振り返りは、グループに分かれて話し合いで行われました。夜勤シャドーでの学びやそれを受けての今後の課題を共有することが出来ました。


 午後はリフレッシュ研修でちひろ美術館に行ったり観葉植物の寄せ植えをしてきました。あいにくの雨でしたが同期と楽しい時間を過ごし、リフレッシュすることができました。

 

 

新人看護師:小澤・林・太田・梨子田

スタッフブログ

口腔ケア研修会

 7月7日(日)、信州口腔ケアネットワーク第10回研修会が当院で行われました。
24名の受講者の皆さんは口腔ケアに対しての意識が高く、熱心に研修を受けておられました。
こういったことをきっかけに口腔ケアの必要性を知っていただければうれしいです。
今回は、一般で受講生を応募したところ、嬉しいことにあっという間に募集人数に達しました。今回参加できなかった方は、また当院ホームページや広報誌「きずな」にてイベントや研修会についてご案内させていただきます。ぜひ、ご覧ください。

歯科口腔外科

WOCNブログ

梅雨とおむつ内環境

東京で開催されたブラッシュアップセミナー「新たな時代につなぎたい!IADベストプラクティス」に参加しました。
IAD(Incontinence-Associated Dermatitis 失禁関連皮膚炎)は、今年度力を入れるテーマのひとつ。

IADとは、尿または便が皮膚に接触することにより生じる皮膚炎のことで、皮膚の局所に炎症が存在することを示す広義の概念です。
病名ではないので、医師は「何それ?」ってなると思いますが、私には好都合で失禁関連皮膚炎と遠慮なく記録しています。

当院ではIAD-Set ケアアルゴリズムはまだ使用していませんが、学習にもなるため使いたいと考えているところ。
予防的なケアを徹底しているため、発症する患者さんは少ないのですが、下痢が頻繁に続く疾患もあり、すばやい対応を求められます。

まずは予防的スキンケアの徹底をし、ブリストールスケールで6~7の排便を観察したら、丁寧な観察が必要です。
肛門周囲や性器周囲の皮膚をよ~く観察し、変化に気付くことが大切。
紅斑を認めたら、すでに炎症を起こしているため、治療的スキンケアに切り替えます。
コンサルテーション後にカンジダや白癬菌症を強く疑う場合は、皮膚科医へ紹介。(主治医にしてもらう)
違うと判断した場合は、主治医へ外用薬の処方依頼。
経過観察して、変わりなければ皮膚科紹介というスタイルを取っていますが、
アルゴリズムを使用し、ケアの標準化を図るとより良いと思います。
(先生方は、紹介状の作成も処方も「何でもやるよ~」と言ってくれる先生ばかりなので、
すごく助かっています。)

セミナーでは「在宅や施設などで皮膚科医の診察が難しい場合はどうすれば良いか」という質問がでていましたが、難しい問題だと思います。(個人的な考えはありますけど)
「リトマス試験紙みたいに、当てると色が変わるとか、簡単に鑑別できる物があればいいのになぁ~」と思っています。

梅雨とおむつ内環境って似てませんか?


*茅の輪でお祓いとお清めをしました。これで、今年後半も乗り切ります!

いつもありがとうございます。   WOCN ふりはた

精神科ブログ

日本ダルク 田代まさしさんが講演

日本精神科看護協会主催の「こころの日」(精神保健法制定の7月1日を記念して)のイベントを、日本DARCスタッフの田代まさしさん(通称マーシー)をお招きして、当北アルプス医療センターあずみ病院やまなみホールで開催いたしました。一般の方・医療関係者合わせて150人余の参加者で会場は満席となり盛況に終わりました。
 田代まさしさんは、元ラッツアンドスターの一員でその後テレビタレントとしても活躍しておられましたが、三度にわたる覚せい剤使用で逮捕と2度収監されたことで芸能界から追放処分を受けました。
2度目の出所後に日本ダルク(ドラッグ・アディックション・リハビリセンター)の近藤恒夫代表に誘われダルクにつながり、ここまで回復の道を進んでこられました。

依存症には、様々な形で生活上の困難さが表れます。アルコール・薬物・ギャンブル・暴力(DV)など実は身近な疾患でもあります。しかしながら違法薬物を使用することで、芸能人や有名人は社会的制裁を受けて社会から排除されてしまいます。司法罰と矯正で違法薬物の再使用に歯止めをかけることはできません。しかし適切な治療と支援を受けていく中で回復につながることが可能となってきます。ダルクは日本全国に66か所・80か所を超える施設を有しており、薬物依存症からの回復者が数多く生まれております。

 現在まで薬物使用に伴い実刑を受けてきた人たちの中で、依存症から唯一回復したタレントとして今回講演会を開催しました。時同じくして7月4日NHK・Eテレの情報バラエティー番組「バリバラ」に出演され、自己の回復の道のりを語られました。このことは、薬物依存症者を厳罰にして社会から排除するのではなく、社会が病気からの回復を「支援」をする必要性の認識を新たに持つことができてきた感があります。
薬物依存症は「孤独の病気」とも言われるように依存症者の周囲から人が去っていき、その結果自殺率も非常に高い疾患であります。回復施設の「仲間」の中で気づき、救われてきた過程を、持ち前のギャクを入れながら講演していただきました。終了後は一般参加者から多くの質問が飛びました。その中で、欧米のようなドラッグコート制度(刑の執行か治療を受けることが自ら選択できる制度)を日本はなぜできないか?等参加者も「薬物依存」が一定の回復が可能な疾患であるという認識をされたようです。依存症という病気を知ることができたこと、回復という希望のメッセージを感じながら会場を後にした参加者の皆さんにとって意味ある講演会であったと思われます。

 

看護部長 南方

精神科ブログ

実践報告を経て感じたもの

6月21日~23日の3日間、長崎県の長崎新聞文化ホール アストピアにて「日本精神科看護学術集会」が行われ、私はその中で「精神科病棟での活動プログラムの取り組み~個別運動プログラムと集団レクリエーションの導入後の変化~」という演題で実践報告を行いました。
 当院精神科2階病棟では、一昨年末より患者さんの生活におけるメリハリや睡眠の質、患者様同士の関係性の向上を目的として集団で行うレクリエーションを看護補助者を中心に行ってきました。患者さんにも活動が浸透し、現在でも継続的に多くの方に参加をしていただいています。また、生活習慣の改善や体重の減量を目的とした患者さんに対し、医師や看護師の連携のもと個別運動プログラムも行ってきました。こちらも継続的な実践ができており、訪問看護師との協力により在宅でも実施できているとの報告もあります。今回の実践報告は、これらの活動のまとめと発信の活動となりました。
 学術集会には各県の病院や福祉施設の代表が参加し、静かな緊張感の下行われました。私自身、緊張しながらの発表となりましたが、参加者の方々の熱心な視線や反応に気が付くとその緊張も徐々に楽しく感じられ、「もっと自分たちの活動を知ってほしい。そして同じ業界の方々がどう感じるのかを知りたい。」と思うようになりました。他の発表もとても興味深く、自分の病棟に落とし込んで考えると「あの場面では、こうしたほうがよかったのか。もっと病棟のココを変えることができれば、患者さんの安心・安全につながるのではないか?」などいろんな考えが思い浮かび、とても有意義な時間となりました。
 今後も活動を継続しつつ他施設の活動も知ることで、もっと質の高い活動に発展させられるよう研鑽を積みたいと思います。

精神科病棟 浅野

指導医・研修医ブログ

血液内科と総合内科の日々~北アルプスを望みながら~

血液内科の武岡です。この5月からあづみ病院に赴任しています。当院は大北地域の医療を担っています。
整形外科と精神科が新専門医制度の基幹病院となっていますが、内科でも様々な疾患や病態を学ぶことができます。
そのことを、医学生をはじめとして皆さんに知っていただきたいと思いブログへの投稿を始めることとしました。感想やご意見がいただければ幸いです。
(具体的な症例や状況について記載していますが、個人情報に配慮して一部は脚色を含む場合があります。)

60代の女性。湿性咳を主訴に受診。
低酸素血症を認めず。外来での精査中に貧血が出現。腹部造影CTを撮影され、撮像部位に入っていた下部の肺野で、末梢の肺動脈の血栓を認めた。
貧血の悪化のため血液内科に紹介。
下肢静脈エコーではヒラメ静脈に血栓を認め、深部静脈血栓(DVT)+肺血栓塞栓(PE)と診断。
貧血は直接クームス陽性で、自己免疫性溶血性貧血(温式AIHA)と診断。
数ヶ月前からドライアイと口腔内乾燥を自覚。ガムテスト陽性・SS-A抗体陽性。SLEの診断基準は満たさず、シェーグレン症候群(SjS)とそれに伴うAIHAと診断。他の検査結果から抗リン脂質抗体症候群は否定的。
この病態でPEとの関連はどういうことなのかな?と調べてみました。
The Risk of Deep Venous Thrombosis and Pulmonary Embolism in Primary Sjögren’s Syndrome: A General Population-Based Study 
J Rheumatol. 2017 ; 44(8): 1184–1189. doi:10.3899/jrheum.160185. 
SjSはDVT+PEのリスクであり、特にSjSと診断された最初の1年でPEの発症リスクが高いという報告です。
経過を通して低酸素血症は認めず、PEの発見の難しさを改めて認識しました。

血液内科 武岡康信

指導医・研修医ブログ

2019レジナビフェア

はじめまして。初期研修医1年目の田中と申します。
医学生や既卒の方々に少しでも役に立つ情報を書けたらと思っております。私自身既卒で浪人経験があるので、浪人生活・国試についてもいずれ書けたらと思います。
また、当院の研修の魅力も伝えていけたらと思います。

今回は6月23日に幕張メッセでありましたレジナビフェアについて書きたいと思います。
あづみ病院からは初期研修医3名を含む合計6人で参加しました。

▲この北アルプスの山の椅子カバーが目印

あづみ病院は全国でもいや長野県においても決して知られた存在ではないので、当初は苦戦を覚悟しておりました。
どうせ人も来ないだろうしせっかく東京にきたので外を散策しようかななんて思っておりました。

しかし、人事と事務の方の勧誘のおかげでなんと合計20名近くの医学生の方に来ていただきました。
来ていただいた医学生の方々、誠にありがとうございました。
少しでも興味をお持ちになった方は、ぜひ1度観光を兼ねて見学にいらして頂けたら幸いです。
気軽にご連絡ください。(施設見学はこちら
皆さまとまた会える日を心待ちにしております。

最後に惜しくもあづみ病院のブースに寄れなかった方に向けて、個人的に思うあづみ病院の研修の魅力を書きたいと思います。
・自然が綺麗
・自分のペース体調に合った研修ができる
・休みをきちんと取れる
・精神科が充実してる


▲病院7階からの景色です。

是非一度見学にいらして下さい。

研修医1年 田中健太

スタッフブログ

2019集合写真

新しい年度を迎え早くも3カ月が過ぎました。
4月より当院ホームページも情報を一新したりして、先日ホームページ用に医師集合写真を撮りました。
なかなか60名近くの医師全員に集まってもらうのは難しく、今回も10名以上は、診察に呼ばれたりと欠けてしまいましたが、
朝の診察前の貴重な時間に協力いただき一瞬で撮影を行いました。

そして、新芽がきれいになった6月末当院研修医の撮影を屋上で行いました。


見てわかりますか?
当院屋上から見える景色。北側にはビル群が一切ないのです。
都会では感じられない四季をここ池田町では目にとって感じられるのです。
研修医の先生たちは、他の病院に研修に行ってしまったり、なかなか全員が当院に揃うことが難しく
やっと撮影ができました。近日中にホームページの研修医募集の表紙に使用させていただきます。
ご協力ありがとうございました。

広報担当 山岸

 

スタッフブログ

「第56回 日本リハビリテーション医学会」へ参加してきました

6月12日~6月16日に神戸で開催された「第56回日本リハビリテーション医学会」へ参加させていただきポスター発表をしてきました。当院からは医師2名、理学療法士3名、作業療法士3名の8題の発表がありました。
日本リハビリテーション医学会はリハビリテーション医をはじめ、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、栄養士、先進的技術開発者、行政職などリハビリテーションに関連のある様々な職種が参加する学会です。
今回、学会のテーマは「最先端リハビリテーション医学の今とこれから」でした。
テーマの通り先端リハビリテーション機器開発の現状から生活を取り扱うリハビリテーション医学までいろいろなジャンルの最先端の発表・講演がありました。
今回、発表をさせていただいた感想として、日頃と違う場で他職種との意見交換を多く経験したことできました。普段の診療の中では気が付かないことや何を求められているのか、改めて見つめ直す良い機会になりました。日頃の臨床業務の中でこれまで以上に自分の果たす役割を意識しながら、今回の学会で明確になった新しい課題の解決に取り組みブラッシュアップに努めていきたいと思います。

                          肩関節治療センター 中山

フレッシュナースブログ

2019新人研修~心電図~

4月当初に立てた目標の振り返りを行いました。初心に戻り自身を振り返ることで、3カ月での学びとこれからの課題を確認することが出来ました。明日からの看護で心がけていきます。

 

 
午後は新人同士で心電図を取り付け合いました。体格もそれぞれの相手に、苦痛なく正確に測定できるように装着するのはまだ慣れず難しいですが、心臓を看ることもできるように一つひとつ学んでいきたいです。

新人看護師:滝沢、小林、森川