スタッフブログ

今回のインターンシップと病院見学

 5月16日・17日にインターンシップと病院見学を行いました。
今回、16日は看護学生さんが訪問看護に興味をお持ちで、希望が訪問看護ステーションあづみと健康管理。
1日のスケジュールでインターンシップを開催させていただきました。
また、17日は現職の看護師さんが病院見学に来院。
現在、認知症認定看護師の勉強中とのことでこころのホスピタル事業部・精神科病棟に興味があるとのことでした。
遠方からの見学で午後の半日でしたが、希望部署をメインに院内全体を見学いただきました。
当院に興味を持っていただき、お忙しいところありがとうございました。

当院のインターンシップ・病院見学は、ご希望の日程でご希望の部署にてスケジュールを組ませていただきます。
もちろんグループでもおひとりでも受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

病院見学・インターンシップ

 
▲こころホスピタル事業部スタッフたちと            ▲こころホスピタル事業部看護部長(左)と看護師長(右)から病棟紹介

(広報担当)

WOCNブログ

試験制度導入

当院で使用しているおむつメーカーが、正しい当て方について試験を実施し、合格者にはバッジを進呈するといった制度を始めると聞き、取り入れることにしました。
そうと決まれば間髪を容れずに、試験を受けようということになり、
先日試験を受けてもらいました。
方法は、当て方の方法を説明しながらモデルに装着し、間違っていたら指導が入り、やり直してもらうという徹底ぶり。
精神科病棟では、昨年度同じような方法で、スタッフ一人ひとりに指導をしているので、
合格者は多いはず。。。と考えて今年度から導入することにしたのです。

まずは、リーダーとなるCSTから。
その後は、新人看護師にも受けてもらおうと思っています。
「できる、分かる」と思っていても、言葉で説明するのは意外と難しいもの。
アドバイザーが立ち会い、私がモデル役を務めるので、緊張感はMAXなのです。
そんな状態の中で、実力が発揮できたら本物!と思って自信を持って欲しいと考えています。

CSTは、モデル役が私と聞き相当焦っていましたが、先日の試験では、全員が見事合格しました。
課題は、試験を実施する場所と時間の確保ですが、「何とかなる!何とかする!」と
思っています。

連休中に見つけた5つ葉のクローバー。精神科病棟CST4名と私!?

いつもありがとうございます。  WOCN ふりはた

フレッシュナースブログ

今日は、5月になって初めての新人研修でした。

テーナのオムツについてとKYT(危険予知トレーニング)と口腔ケアについて学びました。午前中はテーナの正しい装着方法を業者の方に教えてもらいながら実践し実際に自分たちが着けることで、患者さんの気持ちについて考えることが出来ました。正しい装着方法を病棟で実際に援助する際に活かしていきたいです。午後はKYTについてグループワークを行いました。日常の援助の中で危険な場面がたくさんあることをグループで話し合い、危険なポイントについて学びを深めることができました。口腔ケアでは正しいブラッシングの方法や観察項目について学びました。また、口腔だけでなく全身の感染にもつながるということを学ぶことが出来ました。病棟でも活用していけるように日々頑張ります!!!
新人看護師:小林、田中、丸山

フレッシュナースブログ

今日は、2週間ぶりの新人研修でした。

久しぶりに同期と顔を合わせ少しホッとしました。午前中は、倫理について学びました。倫理は、答えを導くことが重要なのではなく、導くまでのプロセスが重要だということを学びました。
午後は身体抑制について学びました。抑制は安全に治療を行うためのツールでもあり、患者の自由を奪う処置でもあるということを学びました。抑制帯を使用するにあたり、本当に必要なのかどうか十分検討することが重要だということが分りました。今日の学びを日々の病棟での看護でも活かしていきたいです。
新人看護師:金子、平林、山田

フレッシュナースブログ

今日は新人研修最終日です。

シミュレーション研修で検温の演習をしました。患者さんの特性や状態に合わせて観察・看護をすることが重要と学びました。実際に病棟で検温を行う機会も多いので今日の学びを活かして月曜日からそれぞれの病棟で頑張ります!!
新人看護師:大日方、小林、小林、平林、吉岡

 

フレッシュナースブログ

今日は研修7日目です。

午前中は、看護師としてのより良い対応とクレームへの対応について学びました。看護師として、患者さんに信頼してもらうために「よく看て、よく聞いて、よく伝える」ことが大事だということが分りました。実際の対応に活かしていきたいと思います。
午後はプリセプターさんと顔合わせやグループワークを行いました。グループワークでは、無言で絵合わせのパズルを行いました。無言では伝えたいことも伝えられないため、アイコンタクトでコミュニケーションをとることの大切さを学びました。来週からは病棟へ出て、先輩看護師や他職種とコミュニケーションをとりながら現場で働くことになるので、学んだことを活かしていきたいです。また、先輩看護師に病棟の案内をしていただき、職場の雰囲気を感じることが出来ました。これから新人看護師として頑張っていきたいです!!

新人看護師:大島、望月、木曽、田中、金子、西山

WOCNブログ

毎年のお楽しみ

参加することを楽しみにしているセミナーがあります。
県内で参加しているのは私だけなのですが、主催者から招待状をいただくので。。。
今年は都合により金沢開催のセミナーに参加できないため、新潟まで行ってきました。

 

  *往路は高崎経由で

楽しみにしている訳は、セミナー終了後に行われるWOC向けの情報交換会。
真田先生が最新の情報を講演してくださるのです。
今年も予定時間をかなりオーバーしてまで、私たちのために、貴重な情報を教えていただきました。
トップシークレットのこともあるため、投稿できない内容が多いのですが、
今年度診療報酬改定から、入院基本料と入院時支援加算、褥瘡リスクアセスメント、褥瘡ハイリスク患者加算について、新しい認定看護制度など。
介護報酬改定については、詳細を知らなかったので勉強になりました。
ちなみに、「褥瘡の発生予防のための管理に対する評価」となる褥瘡マネジメント加算、「排泄に介護を要する利用者への支援に対する評価」として、排泄支援加算が新設されました。

認定看護師になってからずっと、褥瘡予防や排泄ケアに関することで、施設入所者さんのために何かできないかと考えていました。
今回の改訂が追い風となり、持ち込み褥瘡や不要なカテーテルの留置が減少するようになることを期待しています。
まずは、関係つくりから。。。

*善光寺の4・5月限定のご朱印。若草色が春らしいですね。

いつもありがとうございます。  WOCN ふりはた

スタッフブログ

池田町新入社員歓迎会

4月27日(金)に池田町主催の新入社員歓迎会に当院の新入職員が参加しました。
池田町の他企業に就職した新入社員さんとの交流をしました。

(広報担当)

WOCNブログ

ハラスメントって

最近、パワハラやセクハラの報道を多く聞きます。
当院でも先月「職場におけるハラスメント」をテーマに全職員対象の研修が行われました。
ハラスメントとは、「いじめ、嫌がらせなど他人の人格、尊厳、人間性、自尊心を踏みにじる言動の総称」で許されない行為であり、職場環境を害するものとのこと。
今、話題のセクシャルハラスメントの判断基準は、平均的な男性・女性労働者の感じ方であり、本人が意図する、しないにもかかわらず相手が不快に思うことなのだそうです。

パワハラは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務上の適性な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為を指し、「業務上の注意叱責、教育指導との区別が困難」
「加害者側の加害意識の欠如、だれでも当事者になり得る」ことが特徴とのこと。

ただ、指導、注意、叱責は人材育成、業務遂行、職場の秩序維持などには必要なため、
TPOを考慮することが大事なのではないかと思います。

「注意するのは周囲に人がいない時に、褒めるのは周囲に人がいる時に」
自分で決めたルールを守るのが難しい日々ですが、成長を促せるような指導をこころがけたいと考えています。

*先日、あるメーカーのお偉いさんと面談する機会があり、その時にいただいたノギス。
金ピカで袋付き!
パワハラ、セクハラ、マタハラとは無縁と感じる、フレンドリーで素敵な人でした。

いつもありがとうございます。   WOCN  ふりはた

WOCNブログ

新人研修

今年も新人看護師16名が入職し、配属される前に研修を行いました。
私の担当はスキンケアとコンチネンスケアについて。
午前中を使って講義と演習で構成し、最低限覚えて欲しいことを指導しました。

新人看護師のタイプは毎年違い、その年の特徴もあるので、講義中に内容を修正したりしています。
今年は、昨年訪れた、京都の川床のお座敷を回ってくれた舞妓さんが、まだ10代なのにしっかりしていて目的意識が高い彼女に刺激を受けたという話や、
学会のホテルで撮影した写真で、雛人形の雛壇の東西での違い(お内裏様とお雛様の位置)なども、日頃の観察や気付きが大切であるということを伝えるために使用してみました。

個人差が大きいことを理解し、対象者に合った方法で指導することを学ぶ目的で、
貼付にコツがいる未滅菌のフィルムをあえて詳しく説明せずに貼ってもらい、上手く出来る人と出来ない人、誤った方法で苦労している人などがいることを実感。。。
言葉で説明するだけでは理解が難しいと思われることについては、こんな方法もいくつか取り入れてみました。

来月はおむつの正しい当て方などを実習してもらう予定。
体で覚えたことは忘れられないと思うので、早い段階で身に付けて欲しいと願っています。

いつもありがとうございます。   WOCN ふりはた

研修では自分のPCを使用。
いつも大ファンの安部先生とのツーショット写真を壁紙にしていますが、事前に変えておくのを忘れてしまったので、来月色々と説明しようと思っています。

フレッシュナースブログ

研修6日目です。

今日は研修6日目です。
午前中はスキンケアについて講義を受けました。看護師として予防的スキンケアを行うことが大切だと学びました。褥瘡を発生させないためには日々の皮膚の観察を行い、早期発見すること、危険因子を理解しておくことが重要だと学びました。テープをはがす練習を行い、そこでテープの種類や患者さんによって剥がし方を工夫することが大切だと感じました。

午後は実際にお互いの手で採血を行いました。穿刺後は針の固定をしっかり行わないと抜けてしまい患者さんの負担になってしまうと感じました。また、採血は緊張も伴うため、患者さんへの声掛けや表情を観察することが大切だと学びました。何度も練習を重ねて安全に実施できるように頑張ります!

新人看護師:小林(優)、小林(真)、田中、丸山、望月

 

 

フレッシュナースブログ

研修5日目です。

今日は研修5日目です。
グループごと「自分の目指す看護」について話し合い、発表しました。


人工呼吸器の演習では、実際に病棟で使っている呼吸器を使用し、アラームの対処や、換気設定についての指導を受け、学ぶことができました。

 

筋肉注射の演習では、お互いの腕に注射を行いました。緊張しましたが、安全に行うことが出来ました。実際に自分が患者さんの立場になることで、患者さんの気持ちを考えることが出来たので、この気持ちを忘れずに、これから頑張っていきたいです。

 

新人看護師:大日方、小林、望月、山田

WOCNブログ

春なのに

久しぶりの投稿になってしまいました。
というのも、3月は皮膚科外来看護師だったので。。。
認定業務もあり、まず最初に「無理かも」と思ったのが、このブログ。
気持ちに余裕がないと厳しいので、むしろ止めた方が良いとも思いました。
研修、セミナーなどは年度末にも係わらず沢山あったので、ネタがあったのに残念です。
また、機会をみて投稿したいと思っています。

私が皮膚科学の面白さを教えられたのが外来だったので、4年ぶりの外来は原点に帰ったような感じでした。
患者さんから情報を聞き出す問診の取り方や、所見の大切さなど学ぶことが多かった外来。
皮膚科医が常勤でいる病院に勤務していて良かったと実感した日々でした。

春先は、花粉や黄砂、空気の乾燥によりトラブルを起こす人が多い季節。
ちなみに、花粉・乾燥・寒暖差・強風・黄砂の5つがトラブルの原因なので、
春の5Kと言うそうです。
私としては5Kに加えて、紫外線、新年度、ストレス、サンタン、サンバーンの5Sも問題なのではないかと考えています。

いつもありがとうございます。   WOCN ふりはた

指導医・研修医ブログ

初期研修2年間を終えて

非常に優しくて教育熱心な指導医の先生方および優しくサポートしてくださったスタッフの皆様に支えられ、2年間とても充実した研修を行わせていただきました。先生方、スタッフの方々には大変お世話になり、本当にありがとうございました。研修を行わせていただいたあづみ病院、救急科で研修をさせていただいた相澤病院、地域研修を行わせていただいた白馬診療所の皆様、本当にありがとうございました。専攻医研修は引き続きあづみ院で行わせていただきますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

初期研修医 春原

フレッシュナースブログ

新人研修4日目~実技研修

今日は研修4日目です。
輸液ポンプとシリンジポンプの実技研修を行いました。
実際に機械に触れたのは初めてだったので、全員緊張していましたが、指導をしていただきながら楽しく演習できました。
輸液ポンプの使用には、一つ一つの確認を丁寧に行っていくことが大切だと学びました。
病棟に出た時に使用する機会が多くあると思うので、学んだ事を活かしていきたいと思いました。

新人看護師:大島、望月、木曽、高野、金子、西山