平成30年度 北アルプス医療センターあづみ病院 病院指標

年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 193 58 47 62 136 289 714 1180 1037 324

上記表は、平成30年4月1日~平成31年3月31日(平成30年度)に退院された患者数となっております。(年齢10歳刻みで表示されています)
年齢60歳以上で退院された患者さんが全体の約8割を占めており、地域住民の高齢化に伴い高齢患者さんが多くなっております。
前年度と比較しても大きな変化はありません。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 30 21.13 12.58 3.33 81
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 20.58 20.92 0 85.33
100380xxxxxxxx 体液量減少症 12 26.08 9.12 0 78
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 26.73 17.66 0 89.73
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 16.17

平均年齢が83.52歳となり、前年度と比較して平均年齢が4歳増加し、高齢者の受診が多くなりました。尿路感染症・肺炎(誤嚥性を含む)等の感染症疾患が上位となっております。 また、平均在院日数も全国平均より長く、長期間の入院治療が必要となっております。

呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 25 2 2.04 0 58.08
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 16 20.38 14.58 6.25 78.06
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 12.58
0400801299×000 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア0 8.67
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 6.19

今年度は、肺の悪性腫瘍疾患が増加しました。また、高齢者の受診が多いため、肺炎や尿路感染症等が増加しております。
肺炎等感染症、肺癌、間質性肺炎、肺気腫や気管支喘息といったCOPDなど多岐にわたる呼吸器疾患に対し診療を行っております。
(患者数10件未満のものは表示しておりません)

循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 102 3.13 3.01 0.98 68.94
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 69 22.36 17.66 4.35 86.51
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 29 5.24 4.47 0 69.1
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 29 19 12.58 0 83.97
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 28 2 2.04 0 63.75

循環器病センターは24時間の救急体制を整え、心筋梗塞や不整脈に対する各種カテーテル検査・治療を行っております。
また、現在急増している高齢者心不全に対する診療体制も充実しております。
急性期、回復期そして慢性期に渡り一貫した医療の提供をしております。

小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 87 4.76 5.42 0 4.74
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 35 6.54 6.19 0 3.2
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 6.54 6.62 0 4.38
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 11 5 6.14 0 3.45
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 6.45 5.71 0 3.82

胃腸炎・気管支炎・小児肺炎が上位となっており、入院治療を必要とする疾患も感染症が最も多い病気となっております。
胃腸炎は脱水を伴い早期に治療が必要となります。

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 10.84 8.95 0 80.12
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 24 4.38 4.96 0 71.46
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 18.39 15.3 0 74.17
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 15 5.53 7.75 0 65.6
060241xx97xxxx 痔核 手術あり 13 2.46 5.78 61.54

ヘルニア、大腸がんが上位となっております。
平均年齢が高い症例については、平均在院日数が全国平均と比較して長くなっております。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 141 42.4 18.92 0 66.37
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 96 36.01 26.3 4.17 80.19
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 59 18.34 19.61 0 79.61
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 52 2.67 5.68 0 61.17
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 44 31.64 24.26 0 77.95

骨折やスポーツ外傷の治療から、肩・膝・人工関節置換手術やヘルニアの脊椎手術などの疾患が上位となっております。
肩関節疾患の治療に関しては、骨折・脱臼・腱板断裂・スポーツ障害・変形性肩関節症など幅広い疾患の治療を行っております。
また、手術からリハビリまで当院で行っているため、在院日数は全国平均よりも長めとなっております。

呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 45 11 11.87 0 68.31
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 9.73 10.08 0 34.18
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 14.58
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 8.98
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 10

肺がんが上位となっております。小さな創での鏡視下手術が増加しております。
(患者数10件未満のものは表示しておりません)

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 318 2.99 2.84 0 76.03
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり両眼 14 3 5.39 0 74.14
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり 3.37
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 3.15
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 3.2

高齢者の白内障が上位となっております。
(患者数10件未満のものは表示しておりません)

神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 46.94 17.67 5.88 76.59
010070xx99000x 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 17 8.37 6.25 83.31
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 15 19 16.18 0 75.53
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 15 35.47 12.58 0 82.13
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 11 15.27 6.24 0 75.64

パーキンソン病、尿路感染症、脳梗塞、誤嚥性肺炎等が上位となっております。
平均年齢が78.64歳と高く、神経変性疾患を中心に脳血管疾患や尿路感染症等患者さんが増加しております。
リハビリ等組み合わせ、適切な時期に在宅へ戻れるよう努めております。

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 11 8.27 8.16 0 82.64
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 10 15 12.51 0 69.8
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 10 8.7 8.98 0 63
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 4.05
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし 3.56

皮膚の悪性腫瘍や皮膚蜂窩織炎・蜂巣炎が上位となっております。
アトピー性皮膚炎に代表される皮膚アレルギー疾患から膠原病や皮膚がんに至るまで、皮膚に関する病気を適切に治療しております。
(患者数10件未満のものは表示しておりません)

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 71 8.82 8.86 0 72.37
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 24 2 2.53 0 71.67
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 17 9.18 7.2 0 77.35
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし 14 5.5 9.02 0 72.71
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 12 5.08 5.64 0 70.08

女性骨盤底医学センターでは膀胱、直腸、子宮などが腟口から体外に出てくる病気である骨盤臓器脱と尿失禁の患者さんを治療します。
「生殖器脱出症 手術あり」とは、膀胱脱メッシュ手術のことです。

消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 225 2.38 2.67 0 66.71
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 5.33 10.08 0 76.43
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 43 5.26 8.52 0 72.6
060100xx01xx1x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病あり 18 2.94 3.94 0 7394
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 10 5.2 5.42 0 52.6

2018年4月より消化器内科を標榜し、内視鏡検査が充実しました。疾病を早期発見・早期治療する事が出来るようになり、大腸ポリープや胃の悪性腫瘍が上位となっております。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 39 4 1 5 13 17 1 8
大腸癌 4 14 19 8 16 25 1 8
乳癌 0 2 0 0 1 1 1 8
肺癌 17 12 7 9 13 10 1 8
肝癌 0 0 0 0 4 8 1 8

※1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院では、胃癌・肺癌が多い疾患となっております。
1人で複数回入院される場合は、実数ではなく延べ患者数となるため、胃癌・大腸癌・肺癌の再発件数が多くなっております。
【上記指標は、5大癌のUICC TNM分類より集計しております。】

成人市中肺炎の重症度別患者数等 ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 24 15.46 58.96
中等症 57 27.09 81.37
重症 27 35.15 86.52
超重症 5 29 85.2
不明 0 0 0

当院では、中等症~重症の件数が多くなっております。
高齢者が多いため平均年齢が高く、在院日数が長くなっております。

【市中肺炎の重症度はA-DROPシステムで判断しております。】
A-DROPとは5つのチェック項目の頭文字をつなげたものであり、A(Age 年齢 男性70歳以上、女性75歳以上)、D(Dehydration 脱水あり または BUN 21mg/dl以上)、R(Respiration 低酸素血症 SpO2 90%以下(PaO2 60torr以下))、O(Orientation 意識障害あり)、P(Blood Pressure 
収縮期血圧90mmHg以下)となり、スコア0(いずれも当てはまらない)を軽症(外来治療)、1~2を中程度(外来または入院治療)、3を重症(入院治療)、4~5を超重症(ICU治療)として推奨される治療を判断できるシステムです。

脳梗塞のICD10別患者数等 ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 58 30.6 81.78 4.92
その他 3 16.33 89 0

当院では、一過性脳虚血発作や脳梗塞(発症日が3日以内)の疾患が多くなっております。
脳梗塞で発症日から3日以内に入院される患者数が多く、早期リハビリテーションも行い、早期回復、症状軽快を目指して治療を行なっております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード

内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿)
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)

(患者数10件未満のものは表示しておりません)

呼吸器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)

(患者数10件未満のものは表示しておりません)

循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 22 0.91 4.77 0 68.45
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 12 0.25 5.83 0 71.75
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 12 1.33 2.17 0 74.08
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 12 8 11.25 8.33 82.92
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞)

心臓カテーテル治療やペースメーカー治療が上位となっております。
(患者数10件未満のものは表示しておりません)

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 24 1.04 2.33 0 71.46
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 18 7.39 15.06 0 74.78
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 13 1.31 4.38 0 63.92
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 12 3.25 12.67 0 70.42
K7432 痔核手術(脱肛を含む)(硬化療法(四段階注射法)) 12 0.42 1.08 0 62.75

鼠径ヘルニア手術や内視鏡手術が上位となっております。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K080-31 肩腱板断裂手術(簡単) 131 0.99 40.17 0 66.18
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 96 3.16 29.76 5.21 77.71
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 82 1.18 33.83 0 76.33
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 47 1.19 11.91 0 64.72
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 42 1.57 21.1 2.38 67.45

肩・膝・人工関節置換手術やヘルニアの脊椎手術などの疾患が上位となっております。

呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 20 1.4 6 0 66.83
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 18 1 7.5 0 75.94
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 11 2.55 7.83 0 74.5
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他)
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除)

肺の悪性腫瘍患者に対して、胸腔鏡による手術を行っています。
(患者数10件未満のものは表示しておりません)

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 329 1 1 0 75.94
K224 翼状片手術(弁の移植を要する)
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法)
K2193 眼瞼下垂症手術(その他)
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合)

白内障手術が1位となっています。
(患者数10件未満のものは表示しておりません)

神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除))
K620 下大静脈フィルター留置術
K641 大網切除術
K688 内視鏡的胆道ステント留置術

(患者数10件未満のものは表示しておりません)

皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 11 0.55 6.73 0 72.64
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満)
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満)
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満)
K006-32 鶏眼・胼胝切除術(露出部以外で縫合)(長径3cm以上6cm未満)

上位は、皮膚の悪性腫瘍手術となっています。
(患者数10件未満のものは表示しておりません)

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K802-21 膀胱脱手術(メッシュ使用) 65 1.23 6.35 0 71.72
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 17 1.94 6.24 0 77.35
K8232 尿失禁手術(その他) 12 1.08 3 0 70.08
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術
K830 精巣摘出術

経尿道的手術を中心として、泌尿器科領域の疾患を治療しております。
専門診療としては、女性骨盤底医学センターで骨盤臓器脱の尿失禁の治療をしております。
(患者数10件未満のものは表示しておりません)

消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 215 0.11 1.14 0 67.36
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 43 0.02 4.26 0 72.7
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 33 0.7 2.24 0 67.21
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 29 2.72 4.83 0 82.21
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 17 0.88 2.65 0 72.82

胃のポリープ切除や大腸ポリープ切除が上位となっております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.02
異なる 3 0.07
180010 敗血症 同一 5 0.12
異なる 5 0.12
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.02
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 14 0.35
異なる 0 0

当院ではご高齢者の胆のう炎や腎盂腎炎からの敗血症が比較的多く、適切に治療をしております。
敗血症は入院契機が異なるもののほとんどが、様々な基礎疾患の中に感染症があります。
また、重篤化することにより、播種性血管内凝固症候群となり早期治療が必要となります。
手術・術後の合併症の発生率については、ゼロにすることは難しいことですが、病院全体で防止に取り組んでいます。

更新履歴 : ‘2019年9月30日’

病院指標掲載