スタッフブログ

Web学会~ 日本弱視斜視学会総会・日本小児眼科学会総会~

 6月26・27日に行われた日本弱視斜視学会総会・日本小児眼科学会総会に参加しました。
今回の学会は大阪で行われる予定でしたが、このたびの感染症拡大防止のためにWeb開催となりました。
 
最近話題になっているデジタルデバイスと眼科の関係について多くの情報があげられており、とても興味深く勉強させていただきました。今後、デジタルデバイスは減ることはないのでは・・・と考えているため、日々最新の情報収集を怠らず、日々の業務に生かせていけたらと思います。
また大北地域等の小児の検診で用いられているSpot Vision Screener(子供の屈折検査の器機)についてもお話を聴くことができました。
こちらも全国的にも小児の検診・検査で用いられており、かつ比較的新しい器機ですので新しい情報も多いです。まだまだ学ぶことが多いです・・・
 
眼科の検査機器・検査方法はどんどん進化しています。
今後も前向きに学会に参加し、最新のデータを更新していきます!


▲視力検査表の上に置いてあるぬいぐるみです。
これは飾りではなく、子供の検査時の大事な相方です!

視能訓練士 木口

 
P.S.2020年7月27日から眼科は2階へ移動となります。よろしくお願いします。

 

 

スタッフブログ

佐久Webセミナーに参加しました

佐久農村保健研修センターで開催された、院内がん登録Webセミナーに参加しました。
研修時間は14:00~17:30で、
①院内がん登録のルール
②原発部位・側性のルール
③ICD-Oの基礎について学びました。
研修センターでは初の試みとなるWebセミナーで、事前にテスト配信等で通信環境の確認を行い当日に備えました。
参加して感じたことは、使用したパソコンの性能と通信環境によって、音声や画像が途切れてしまう場合がありました。今後は、Webセミナーが増えてくる事が予想され、パソコンや周辺機器、通信環境を整えていく必要があると実感しました。

診療情報管理課 

フレッシュナースブログ

2020新人研修~コミュニケーション・夜勤シャドウ~

今回の研修は、たくさんのことを学びました。
 まず、コミュニケーションについてです。傾聴といってもやり方はさまざまで、聞き手が上手にできれば話しても楽に話すことができるんだと実際にお互いにやってみて感じました。
そして、急変時のシミュレーションは、患者さんの容態が急変すると怖いのだと感じました。患者さんの急変時に対応するには、普段の様子をしっかり把握しておくことと、その患者さんに起こりうる最悪の事態を想定して行動することが必要であるということを学びました。うまく対応するには、常に考えながら行動する必要があると感じました。

 
 認知症患者に対する対応・倫理 認知症の方に関わるのは苦手意識がありましたが、相手を敬えば上手に関わることができるんだと感じました。
患者さんができることに着目し、その強みを生かすこととその人の思いを知り援助することがその人の尊厳を守ることにもつながると学びました。
 そして、最後に夜勤シャドウについて学びました。夜勤は少ない人数で患者さんのケアをする必要があり、その中でどのように患者さんの安全を確保することができるかということをお互いに情報共有して学ぶことができました。