薬剤部のイメージ

薬剤部

薬剤部の紹介

薬剤師:12名
病棟での薬剤業務、医薬品の購入・管理、医薬品情報の収集・提供、入院・外来患者さんの調剤、抗がん剤等の注射薬の混合調製等の業務を担っています。

認定薬剤師制度

医療の高度化、複雑化に伴い、様々な領域の専門・認定薬剤師を育成しています。この専門・認定薬剤師は、各領域で「薬」に関わることには責任をもち、チーム医療を推進しています。

認定薬剤師 人数
がん薬物療法認定薬剤師 1名
感染制御認定薬剤師 1名
精神科薬物療法認定薬剤師 3名
抗菌化学療法認定薬剤師 2名
栄養サポートチーム(NST)専門薬剤師 2名
公認スポーツファーマシスト 1名
認定実務実習指導薬剤師 4名

チーム医療

全6病棟に専任の薬剤師を配置し、患者さんへ医薬品が適正に使用され、よりよい医療を提供できるように、医師、看護師、他の医療従事者とともに取組んでいます。

医薬品情報管理室

医薬品に関する情報の収集・管理を行っています。新薬から後発医薬品に至る全ての医薬品の情報を収集・管理し、有効で安全な薬物療法が行われるように、院内外へ情報提供をしています。

外来受診、入院される患者さんへ

外来受診時には、「お薬手帳」、「お薬説明書」等をお持ちください。薬の重複処方の防止のために確認させていただきます。当院の他科や、他の医療機関を受診されている方は忘れずにご提示ください。入院される場合には、「お薬手帳」とともに、服用中のお薬を全て持参してください。入院後も継続して服用する場合は、飲みなれたお薬が使えます。また、入院後に追加となったお薬との飲み合わせも確認でき、安心して服用していただけますので、ご協力をお願いいたします。

後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用について

当院では、厚生労働省の指導により、後発医薬品(ジェネリック医薬品)を積極的に採用・使用しています。ご不明な点がありましたら、薬剤師にお尋ねください。