在宅支援科

在宅支援科

現在、在宅支援科は医師1人体制のため、外来および病棟は持たず、訪問診療のみでの診療を行っている。本来であれば、訪問診療も看護と同様に24時間365日体制で行いたいのが切なる願いであるが、現在は在宅医師不在時のお看取りのみ、院内の先生方の協力を頂き当番制で対応している。最近の延べ70名の利用者のお住まいは下記の地図通りで、池田町・松川村・大町市・安曇野市・生坂村などで現在の最高齢利用者は103歳の方です。また特別養護老人ホーム高瀬荘に週2回の訪問診療と随時電話相談や往診診療やお看取りの対応も行っている。昨年お亡くなりになった利用者は28名でうち17名を在宅でお看取りさせていただきました。他に10名の特養入所者のお看取りも行いました。今後も在宅診療を希望なさる方は増加する一方であり、また24時間365日の診療体制の整備も念願であり、そのためには早急に在宅診療医師の複数化が望まれる。