精神科ブログ

あづみ病院精神科での実習を終えて(平成29年2月6日~3月2日)

「これが精神科病棟の鍵です。失くしたら全部取り換えになるので、えらいことになります。」事務のお姉さんが淡々と説明する。実習初日から衝撃を受けた。病棟の鍵を管理することなどもちろん初めての体験であったし、もし失くしたら・・・と考えるととても恐ろしかった。
あづみ病院精神科の実習の特徴といえば、なんといっても外来で予診をとることだ。毎日新患の予診をとり、その後医師の診察に陪席する。なんだか落ち着かない、うつっぽい、酒がやめられないなど患者さんの訴えは様々であった。自分一人で予診をとることは初めての経験でとても不安だったが、先生方に「予診で一番大切なことは、漏れなく聞くことよりも患者さんを疲れさせないことだ」とアドバイスを頂き、気が楽になった。最初の週はアナムネをとることで精一杯だったが、慣れてくると鑑別疾患も考えながら問診できるようになってきた。当科には個性豊かな8人の医師がおり、一人ひとり違ったスタイルがあり、患者さんとの接し方について多くのことを学んだ。
他にも、措置入院の瞬間を間近で見学したり、近隣の老人ホームに往診に行ったり、外科志望の私に、術後せん妄の患者さんや入院中に急性虫垂炎になった患者さんを診察させていただいたりと、とても充実した1ヶ月であった。
精神科医は「理屈っぽいわりには治療力が低く、単なる観察をして哲学を論じるものというイメージ」(標準精神医学 第6版.1章 精神医学とは より引用)が一般的にあるかもしれない(私は思っていない)が、それは間違っているということを主張したい。精神科医は患者さんの身なり、言動、行動を細かく観察し、精神状態を深いところまで考え、それを医学用語として言語化する能力に長けている。治療方法は薬物に限らず、傾聴や対話など他科の医師には無いものを持っている。また、精神科は医師だけでなく、看護師、作業療法士、ケースワーカーなど、多くの職種が活躍していることを実感した。1ヶ月の実習で病棟の鍵を開けることにも慣れ、精神科のリアルガチな現場にどっぷり浸ることができた。
精神科の先生方をはじめ、外来、病棟のスタッフの皆様、困っているときに声をかけてくださったり、熱心に指導してくださったり、1ヶ月お世話になりました。ここで得た経験は将来自分がどの科に進んでも役立つと思っています。本当にありがとうございました。
信州大学医学部5年 吉池奏人

精神科ブログ

実習2017年1月10日~2月2日

 今後、実習・研修先として考えている方に向けて、「あづみ病院精神科のここに注目してほしい!」というポイントを独断と偏見で書き連ねまして、4週間の実習のまとめとさせていただきます。

 

(1)疾患の幅広さ

私が4週間で経験した症例だけでも、統合失調症・双極性障害・うつ病・発達障害・アルコール使用障害・適応障害・心因反応・認知症と、非常に多岐にわたります。

精神科で扱う疾患は、教科書で読むだけよりも、実際にさまざまな患者さんに会って、よく見て、話して、そして自分が何かしらの印象を持てば理解がしやすいと思います。私のように「とにかく何でも実際に見たい・体験したい」という人間には最高の環境です。

多くの患者さんに出会い、予診や病棟でともに時間を過ごせたことは非常に有意義でした。びっくりしたり、ちょっと緊張したり、うまくいかなかったり、喜んでもらえたりといった経験を積めたことは、必ずや今後出会う患者さんのためになると思っています。

 

(2)強制入院

ある日の夜、措置入院に立ち会うことになりました。緊張感のある現場を実際に体験してみると、「教科書で読んだ小難しい制度」程度の認識でしかなかった措置入院が圧倒的な現実のものとなり、その意義や人権について、そして精神保健指定医という資格について、考えずにはいられなくなりました。

また、移送制度による医療保護入院にも立ち会いました。強制入院では保健所や警察など地域連携が行われるため、医療者以外のスタッフさんたちとも多く関わります。病院よりも広い、「地域」という単位で患者さんをみる視点が生まれました。

 

(3)医療人

 そして、ぜひ注目してほしいのが、「人」です。

 精神科では、血液検査や画像検査だけでは患者さんの状態に迫れず、相対してやりとりすることでしか情報が得られないことも多いかと思います。

その点に関して、「医者として使える武器が少なくて心許ないのでは」と私が言ったとき、ある先生は「それがいいのだ」とおっしゃいました。「自分の身ひとつで向き合って、全力を出していくのが好きだ」と。

かっこよすぎました。専門分野は何であれ、それがプロフェッショナルのスタンスなのかもしれません。

さまざまなキャラクターの先生方がおり、どの先生もご自分の魅力を活かして患者さんに向き合われているのが印象的でした。

 看護師さんたちは患者さんとの接し方が抜群にうまく、またひとりひとりの患者さんに合わせて対応を変えたり、器具などの調整に知恵を絞ったりと、気力と体力を惜しまない仕事ぶりに感動しました。

ケースワーカーさんも、デイケア・福祉施設との調整や、強制入院の際の手続き・連絡などで奔走されており、この方たちなしでは地域の精神医療は成り立たないだろうと思われる活躍ぶりでした。

 その他のスタッフさんたちも含め、あづみ病院はとにかく医療者がかっこいいです。

 

 本当に充実した4週間でした。ありがとうございました。

 

信州大学医学部医学科5年 山崎愛子

精神科ブログ

こころのホスピタル事業部新年会

 
毎年恒例となっている北アルプス医療センターあづみ病院 こころのホスピタル事業部(精神科)の新年会が行われました。
普段お世話になっている保健所、警察、消防の来賓をお招きしての開催です。
地域の顔の見える関係が、地域精神医療には必要不可欠です。
医療職種を超えての関係構築が地域の皆様のお役に立てるのではないかと考えます。
精神科 雨宮光太郎

精神科ブログ

救急外来カンファレンス

 
本日の救急外来カンファレンスは 急性腰痛症をテーマに 
症例は胆管ステント閉塞で演者は研修医春原先生 
スーパーバイザーは
西澤統括院長、富田副院長、東方診療部長
精神科 雨宮光太郎

精神科ブログ

救急外来カンファレンス

 
本日の救急外来カンファレンスは信州大学医学部の実習の山崎先生、北野先生も交えて
その痛む部位、本当に正確?をテーマに行いました。

症例は大腿骨警部骨折で演者は初期研修増田先生 
スーパーバイザーは富田副院長と東方診療部長
精神科 雨宮

精神科ブログ

救急外来カンファレンス

 ブログ更新をさぼっておりました。精神科 雨宮
救急外来カンファレンス
9月30日 春原先生 解離性大動脈瘤
10月7日 松本先生 伝染性単核球症
10月14日 春原先生 尿管結石
10月21日 松本先生 肺血栓塞栓症
10月28日 中止
11月4日 中止
11月11日 春原先生 閉鎖孔ヘルニア
11月18日 松本先生 健忘について
11月25日 中止
12月2日 精神科湯沢先生 急性精神病症状について
12月9日 松本先生 小脳髄膜腫出血

精神科ブログ

救急外来カンファレンス

 
本日の救急外来カンファレンスは
小児救急をテーマに行いました。

症例は単純性股関節炎で演者は初期研修松本先生 
精神科 雨宮

精神科ブログ

救急外来カンファレンス

 
本日の救急外来カンファレンスは 9月9日救急の日?で 
症例は回転性めまいで来院した消化管出血で演者は研修医春原先生 
スーパーバイザーは
西澤統括院長、富田副院長、東方診療部長 精神科古屋医師
精神科 雨宮光太郎

精神科ブログ

病棟講義

 
本日の精神科病棟勉強会は皮膚科の佐野医師の講義でした。 
創傷治癒について学ぶことが出来ました。
創の新鮮さ、深さ、感染について評価することと創傷の水分管理の重要性
そして創傷被覆材について取り上げて頂きました
精神科 雨宮

精神科ブログ

救急外来カンファレンス

 
本日の救急外来カンファレンスは珍しい症例を経験した研修医増田先生により
頸動脈海面静脈洞瘻の症例でした。 
 
スーパーバイザーは
西澤統括院長、富田副院長、東方診療部長 薛地域医療部長
精神科 雨宮

精神科ブログ

救急外来カンファレンス

 
本日の救急外来カンファレンスは 症例は過多月経で演者は研修医松本先生 
スーパーバイザーは
西澤統括院長、富田副院長、東方診療部長
精神科 雨宮光太郎

精神科ブログ

精神科抄読会

 
精神科中村医師の担当で
『軽い意識混濁を診分ける 100countdownと注意力障害』
田宗秀隆  精神科治療学 31(3) 381-386、2016

精神科ブログ

救急外来カンファレンス

 
本日の救急外来カンファレンスは『感染症?脳梗塞?実は』というタイトルで行いました。
症例は結核で演者は研修医春原先生 
スーパーバイザーは
西澤統括院長、富田副院長、東方診療部長
精神科 雨宮光太郎

精神科ブログ

救急外来カンファレンス

 
本日の救急外来カンファレンスは見逃してはいけない頭痛をテーマに行いました。
症例は脳動脈解離で演者は研修医増田先生 
スーパーバイザーは
東方診療部長
精神科 雨宮光太郎

精神科ブログ

実習2016年6月20日~7月1日

 実習感想文

2016620日~71

富田 絢

今回の実習を終えた私の感想は、一言でいえば「精神科を志望する学生ならあづみ病院での実習は間違いなく実りあるものになる」、ということです。

実習初日に八王子からスーパーあずさに乗った私は初めての長野、初めての外病院に対する不安でいっぱいでした。しかし先生方はみな優しく丁寧に指導してくださって、予診という形で大学病院では経験できなかったファーストタッチに関わることができたのはおそらく一生心に残る出来事になりました。どういった声掛けをすれば患者さんの訴えを正確に引き出せるのか、関係を構築できていない状態でどこまで踏み込むべきなのか、予診後の先生方の外来を見学しながら勉強になることばかりでした。先生方のスタンスにも特色があり、精神医療という分野の奥深さを垣間見たのではとも思います。また、精神科に関わる様々な職種のスタッフの方達の患者さんに対する温かさや大らかな姿勢も、あづみ病院の精神科の環境づくりの一端であり、改めて精神医療は医師だけでは実現できない医療なのだと痛感しました。

また二週目には地域医療実習として白馬診療所の下里先生、在宅支援科の薛先生について見学をさせていただきました。長野という土地柄に根ざした医療を行う先生方に対する地域の方々の厚い信頼をひしひしと感じ、今まで触れる機会のなかった地域医療を間近で経験できたのは非常に貴重だったと思います。

2週間が過ぎるのがあっという間でしたが、本当に来てよかったです。無事に国家試験に合格して一刻も早く先生方とお仕事ができるよう頑張っていこうと思います。本当にありがとうございました。