フレッシュナースブログ

新人研修 こころのホスピタル2階病棟 有川 北林 小山

 こんにちは、入職して8か月がたちました。本日は自身の看護の振り返りとソーシャルワーカーさんとケアマネージャーさんにご講義いただきました。
振り返りでは、業務には慣れてきたものの、できることが増えた分忙しさから患者さんへの対応がおろそかになってしまうことがあるという意見も出ました。今後部署ごとでも今の振り返りを活かしていきたいです。
講義では、在宅の視点から退院支援と介護保険制度について学びました。退院支援はどの部署でも重要であるため今後社会保険やサービスについて自身でも知識を身につけ、患者さんの退院を見据えた看護を実践できるようにしていきたいです。
以上になります。

フレッシュナースブログ

こころのホスピタル一階(下田、傳田)

本日は、倫理についての事例検討、転倒転落について、KYTを行いました。
倫理では、意見交換をしあうことで様々な視点での考察ができました。看護をしていくなかで倫理の問題にぶつかることが何度もあるとは思いますが、その都度振り返りを行いよりよい看護を提供していきたいと感じます。
転倒転落はどの病棟でも起こる危険性は常にあり、予想と対応が大切だと学びました。予防するために細かなアセスメントをこれからも行うことを心がけていきたいです。また病棟全体で協力していきたいと感じました。
KYTは実際にイラストをみながらグループワークを行いました。入職時より活発に話し合いが行われ、細かなところまで予測することができました。今後もKYTで学んだ事を忘れないように看護を行っていきたいです。

  

 

 

フレッシュナースブログ

6階病棟の上野・倉田・中島です。

今回の研修では、夜勤の振り返りと反省・目標設定を行いました。
9月から夜勤が始まり、少ない人数でチームの患者さんを受け持つことの大変さや報・連・相の大切さを改めて実感しました。

また、夜間は昼間とは違う危険も多く、事前の情報収集や日中の様子を知っていくことが患者さんの身を守ることに繋がると思いました。
それぞれの病棟で夜勤が始まり、不安もありますが、自覚・責任を持ち日々患者さんの看護を行っていきたいです。

フレッシュナースブログ

こんにちは、5階病棟佐藤です。

本日は、救急外来とリハビリと配属部署の外来のローテーション研修の振り返りと多重課題の研修を行いました。
午前にローテーション研修の振り返りをグループごとに行い、各グループ学んだ事と自己課題について発表しました。私たちのグループは先を見通して行動することの大切さや常にアセスメントを行いながら行動していくことの大切さ、患者さんを理解するためには他職種と連携することの大切さを学ぶことが出来ました。自己課題として、常に考えながら行動することや他のスタッフと積極的に関わっていくことが課題として挙がりました。
 午後は多重課題のシミュレーションを行いました。4人部屋に3人の患者さんが入院しており、検温やそれぞれの疾患に合わせた観察、患者さんへの対応について学びました。15分という限られた時間の中で検温や処置を行うことはなかなかうまくいかず、病態や観察項目を理解していないと時間内に終わることはできないと感じました。本日の多重課題では3人でしたが病棟ではさらに多くの患者さんを受け持っています。複数人の患者さんを受け持つ中で誰から検温を行うのか、患者さんの1日のスケジュールはどのようになっているのか、看護師が行うことと補助者さんに頼んでもいいことの判断等は私たち新人の永遠の課題です。
 本日は、ローテーション研修の振り返りや多重課題を行いながらも、病棟ではどうか、悩みや辛かったこと等を同期と共有できる機会ともなりました。全員が集まることは研修以外にはなかなかないので、今回の研修で学んだ事や共有できたことを病棟で活かすことが出来るよう、行動していきたいです。

 

フレッシュナースブログ

4F病棟 小原、曽根原、矢口

皆さんこんにちは。
梅雨明けですが、雨の日が続いています。体調管理が難しい時期ですね。
今日は午後からせん妄の看護について学びました。前回の研修で学んだ認知症とせん妄の症状や関わり方の違いなどを学びました。途中、グループ内で事例を検討し、患者さんの生活背景から個別性を取り入れたせん妄への予防策を考え発表し、より学びを深めることができました。
整形外科では手術患者さんが多く、術後にせん妄症状が発症するリスクもあります。そのような時に、今日の学びを活かして患者さんと関わって行きたいと感じました。

それでは皆さん、暑さに負けず体調管理をしながら夏をお過ごしください。
ありがとうございました。

フレッシュナースブログ

3F病棟 北林、大日方、中村

皆さんこんにちは。
暑くなってきて熱中症になりやすい季節ですね。
今日は認知症のケアと、急変時の対応について学びました。
普段病棟で認知症の患者さんとの関わり方に悩むこともありますが、環境調整することや関わり方一つで症状が良くなることもあるので、今後の看護に活かしていきたいです。
午後は急変時の対応でシミュレーション研修を行いました。患者さんの異変に気付くことの大切さや、先輩への報告を考えることができとても勉強になりました。

それでは、熱中症にならないよう気を付けて水分摂取しながら日々お過ごしください。
ありがとうございました。

 

フレッシュナースブログ

こころのホスピタル病棟2階 有川、小山

 皆さんこんにちは。
本日、午前中に入職時に立てた目標の振り返りを行い、その後心理士さんによるメンタルヘルスケアについてご講義頂きました。
メンタルヘルスケアの講義では、ストレスへの正しい対処法を学ぶことが出来ました。ストレスをうまく発散して万全な状態で仕事に励んでいきたいと思います。
午後はリフレッシュ研修としてちひろ美術館に行き、その後は相道寺で陶芸をしてきました。
絵本の世界に触れたり、陶芸体験を行ったりとゆったりとした時間を過ごし、普段なかなかリフレッシュできない分しっかりと気分転換することが出来ました。
本日の学びを忘れず、自分なりにON・OFFをしっかりして、仕事に励んでいきたいと思います。

以上になります。
ありがとうございました。

 

 

 

フレッシュナースブログ

こころのホスピタル病棟一階 傳田、下田

皆さんこんにちは。
一日の気温差が激しく体調を崩しやすい時期ですね。
今日は心電図について学びました。
今まで難しいというイメージが強かった心電図波形ですが三時間の講義を受け、講義前よりは心電図と友達になれたと思います。
また、心電図は人それぞれ特徴があり、指紋や顔のように一人一人違うということも学びました。
午後は実際に新人同士で12誘導心電図を装着しあうことで、座学では学べない肋骨の位置や感覚をつかむことができました。
私たちの病棟では12誘導心電図を使用する機会が少ないため、貴重な経験になりました。
本日の学びを忘れず、実際に行う際には羞恥心にも配慮し丁寧に行いたいと思います。

それでは、皆様風邪などひかれないようお過ごしください。
ありがとうございました。

フレッシュナースブログ

こんにちは!

 今回のブログは、6階病棟看護師上野、倉田、中島が担当します。
今回の研修は、午前が急変時の対応、午後は呼吸の観察についての研修でした。
急変時の対応では、心停止や呼吸停止を発見した際の周りへの応援要請の仕方をメインに学びました。また、急変に至るまでの前触れを普段から観察していくことの大切さを感じることが出来ました。急変は、いつ起こるか分からないため、救急カートの物品の点検や物品の使用方法をしっかり理解し業務を行っていかなければいけないと改めて感じました。
 呼吸の観察では、呼吸器の解剖生理から呼吸について学びました。実際に人形を使い呼吸音の聴取をし、異常と正常の違いを聞き分ける練習をしました。呼吸音は普段から患者さんと関わる中で観察することも多く、呼吸器疾患を抱える患者さんにとって重要な指標となるため、日々の看護で活かしていくことが大切であると学びました。
 今回の研修で学んだ事は、すべての科で共通しているので今回の学びを活かし看護を行っていきたいです。

フレッシュナースブログ

こんにちは、5階病棟の藤田と佐藤です。

 今回の研修では夜勤シャドウと1か月を通してのグループワーク、薬、検体・輸血、口腔ケアについて学びました。
1か月通して学んだことや悩みをグループ内で話し合い、全体で共有して次回から活かせるような有意義な話し合いを行うことができました。
 薬や検体・輸血については、患者さんの生命に係わることの1つであり、毎回確認していくことが重要であると再認識することができました。
 口腔ケアではお互いにケアを行ってみて、力の入れ具合や違和感等体験し、患者さんが感じている思いを知ることができました。
 今回の研修で学んだことや悩み、感じたことを共有し、新人同士お互いに切磋琢磨し、患者さんの目線に立った看護を行えるように努力していきたいです。

フレッシュナースブログ

4階病棟の曽根原、小原、矢口です。

今回の研修では、バイタルサイン測定のシミュレーション研修を行いました。
一人の患者さんに対して、バイタルサイン測定と、点滴指示変更の指示受け・実施をしました。
バイタルサイン測定では、疾患に合わせた検温や観察、患者さんが理解できる言葉での説明が大切だと学びました。
点滴指示変更の指示受け・実施では、指示受けの際の復唱やダブルチェックを行い、患者さんに安全なケアを実施していくことの重要性を再確認できました。
実施の際には、医療用語を使うのではなく、患者さんに分かりやすく説明することの難しさを感じました。
グループ内での話し合いや、他のグループの発表を見て、回数を重ねていくごとに最初よりも多くの気づきを取り入れた観察や説明ができました。
今回の研修での学びを活かし、病棟でも患者さんに安全で安心して頂ける関わりをしていきたいです。

フレッシュナースブログ

こんにちは。3階病棟の佐原、佐々木、花岡です。

 今回は最後の新人研修になるので、1年間の総括をする機会となりました。4月から新人看護師として患者さんと関わり、困難な状況から学んだ事や気づいた事を各病棟のプリセプターや師長が見守る中で発表しました。一人ひとり印象に残った患者さんとの関わりを発表していましたが、まるで自分のことのように感じられるようになったのは看護師として少しずつ成長している証だと感じました。

 今年度の新人研修のブログはこれで最後になりますが、今日学んだことを、日々の看護に活かし、2年目の看護師として再スタートしていきたいと思います。

 

フレッシュナースブログ

こんにちは。こころのホスピタル2階病棟の伊藤、上川、堀内です。

 今回の研修では、退院支援と在宅医療について学びました。

退院支援では、自宅へ退院するにあたり患者さんの困っていることをあげて看護師ができることについてグループディスカッションを行いました。入院された時から退院を見据えて関わっていくことが大事だと学びました。
在宅医療では、大北地域の高齢化率が全国の高齢化率を大きく上回っていることが分かりました。高齢者が増加してきたことにより、在宅サービスの必要性が高まっているので地域と医療の架け橋になれるように学びを深めていきたいと思いました。
 
フレッシュナースブログ

こんにちは。5階病棟の有賀、佐藤、二村です。

 今回の研修では、倫理とKYT(危険予知トレーニング)と転倒・転落について学びました。

倫理では一人ひとり事例を持ちあいグループ内でディスカッションを行いました。安全を守るためには抑制することは仕方ないと済ますのではなく、話し合いや工夫をすることが大事だと学びました。
KYTでは臨床での1コマを描いたイラストを用いて、グループワークを行いました。3月にもKYTを行ったのですが、今回は視野も広がり意見も活発に出すことができました。
転倒・転落では転倒・転落予防は完全ではないので転倒につながる危険因子をアセスメントし、多職種で連携しあいながら予防していくことが大切だと学びました。
今日学んだことを、日々の看護に活かしていきたいと思います。
フレッシュナースブログ

4階病棟の櫻井・内山・小松です。

 今回の研修では、入職してから6ヶ月が経ち4月当初の理想とする看護師像を振り返り、自分に身についたこと、これから身につけていきたいことについてグループで話し合い、グループごとに発表しました。他の病棟の同期と情報を交換することで、共感すること、自分では気づかなかったことなど自分の課題も明確になりました。

発表の中で、どの病棟でも6ヶ月経ち仕事に慣れが生じてきているという意見が挙がりました。こういった時期に事故が生じやすくなってくるため、初心に戻り確認することはしっかり行い、わからない事はその日のうちに対処していけるようにしていきたいです。