«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»
カテゴリー: 総合
投稿者: azumi
 皆さんこんにちは。
一日の気温差が激しく体調を崩しやすい時期ですね。
今日は心電図について学びました。
今まで難しいというイメージが強かった心電図波形ですが三時間の講義を受け、講義前よりは心電図と友達になれたと思います。
また、心電図は人それぞれ特徴があり、指紋や顔のように一人一人違うということも学びました。
午後は実際に新人同士で12誘導心電図を装着しあうことで、座学では学べない肋骨の位置や感覚をつかむことができました。
私たちの病棟では12誘導心電図を使用する機会が少ないため、貴重な経験になりました。
本日の学びを忘れず、実際に行う際には羞恥心にも配慮し丁寧に行いたいと思います。
 
それでは、皆様風邪などひかれないようお過ごしください。
ありがとうございました。
 
カテゴリー: 総合
投稿者: azumi
 今回のブログは、私たちが担当します。
今回の研修は、午前が急変時の対応、午後は呼吸の観察についての研修でした。
急変時の対応では、心停止や呼吸停止を発見した際の周りへの応援要請の仕方をメインに学びました。また、急変に至るまでの前触れを普段から観察していくことの大切さを感じることが出来ました。急変は、いつ起こるか分からないため、救急カートの物品の点検や物品の使用方法をしっかり理解し業務を行っていかなければいけないと改めて感じました。
 呼吸の観察では、呼吸器の解剖生理から呼吸について学びました。実際に人形を使い呼吸音の聴取をし、異常と正常の違いを聞き分ける練習をしました。呼吸音は普段から患者さんと関わる中で観察することも多く、呼吸器疾患を抱える患者さんにとって重要な指標となるため、日々の看護で活かしていくことが大切であると学びました。
 今回の研修で学んだ事は、すべての科で共通しているので今回の学びを活かし看護を行っていきたいです。
 
カテゴリー: 総合
投稿者: azumi
 今回の研修では夜勤シャドウと1か月を通してのグループワーク、薬、検体・輸血、口腔ケアについて学びました。
1か月通して学んだことや悩みをグループ内で話し合い、全体で共有して次回から活かせるような有意義な話し合いを行うことができました。
 薬や検体・輸血については、患者さんの生命に係わることの1つであり、毎回確認していくことが重要であると再認識することができました。
 口腔ケアではお互いにケアを行ってみて、力の入れ具合や違和感等体験し、患者さんが感じている思いを知ることができました。
 今回の研修で学んだことや悩み、感じたことを共有し、新人同士お互いに切磋琢磨し、患者さんの目線に立った看護を行えるように努力していきたいです。
 
カテゴリー: 総合
投稿者: azumi
 H29年4月初旬、集合研修(実技)の様子と、グループ目標①です。
シミュレーターを使っての実技研修は初期研修医も仲間に入り、みんな真剣そのもの。
また、年間通じてのグループ活動は支えになります。目標達成に向けてファイト!

 
 
 





 
 
カテゴリー: 総合
投稿者: azumi
今回の研修では、バイタルサイン測定のシミュレーション研修を行いました。
一人の患者さんに対して、バイタルサイン測定と、点滴指示変更の指示受け・実施をしました。
バイタルサイン測定では、疾患に合わせた検温や観察、患者さんが理解できる言葉での説明が大切だと学びました。
点滴指示変更の指示受け・実施では、指示受けの際の復唱やダブルチェックを行い、患者さんに安全なケアを実施していくことの重要性を再確認できました。
実施の際には、医療用語を使うのではなく、患者さんに分かりやすく説明することの難しさを感じました。
グループ内での話し合いや、他のグループの発表を見て、回数を重ねていくごとに最初よりも多くの気づきを取り入れた観察や説明ができました。
今回の研修での学びを活かし、病棟でも患者さんに安全で安心して頂ける関わりをしていきたいです。
カテゴリー: 総合
投稿者: azumi
 今回の研修では夜勤シャドウと1か月を通してのグループワーク、薬、検体・輸血、口腔ケアについて学びました。
1か月通して学んだことや悩みをグループ内で話し合い、全体で共有して次回から活かせるような有意義な話し合いを行うことができました。
 薬や検体・輸血については、患者さんの生命に係わることの1つであり、毎回確認していくことが重要であると再認識することができました。
 口腔ケアではお互いにケアを行ってみて、力の入れ具合や違和感等体験し、患者さんが感じている思いを知ることができました。
 今回の研修で学んだことや悩み、感じたことを共有し、新人同士お互いに切磋琢磨し、患者さんの目線に立った看護を行えるように努力していきたいです。
 

» 続きを読む

カテゴリー: 総合
投稿者: azumi
 今回は最後の新人研修になるので、1年間の総括をする機会となりました。4月から新人看護師として患者さんと関わり、困難な状況から学んだ事や気づいた事を各病棟のプリセプターや師長が見守る中で発表しました。一人ひとり印象に残った患者さんとの関わりを発表していましたが、まるで自分のことのように感じられるようになったのは看護師として少しずつ成長している証だと感じました。
 今年度の新人研修のブログはこれで最後になりますが、今日学んだことを、日々の看護に活かし、2年目の看護師として再スタートしていきたいと思います。

 
 
カテゴリー: 総合
投稿者: azumi
 今回の研修では、退院支援と在宅医療について学びました。
退院支援では、自宅へ退院するにあたり患者さんの困っていることをあげて看護師ができることについてグループディスカッションを行いました。入院された時から退院を見据えて関わっていくことが大事だと学びました。
在宅医療では、大北地域の高齢化率が全国の高齢化率を大きく上回っていることが分かりました。高齢者が増加してきたことにより、在宅サービスの必要性が高まっているので地域と医療の架け橋になれるように学びを深めていきたいと思いました。

 
カテゴリー: 総合
投稿者: azumi
 今回の研修では、倫理とKYT(危険予知トレーニング)と転倒・転落について学びました。
倫理では一人ひとり事例を持ちあいグループ内でディスカッションを行いました。安全を守るためには抑制することは仕方ないと済ますのではなく、話し合いや工夫をすることが大事だと学びました。
KYTでは臨床での1コマを描いたイラストを用いて、グループワークを行いました。3月にもKYTを行ったのですが、今回は視野も広がり意見も活発に出すことができました。
転倒・転落では転倒・転落予防は完全ではないので転倒につながる危険因子をアセスメントし、多職種で連携しあいながら予防していくことが大切だと学びました。
今日学んだことを、日々の看護に活かしていきたいと思います。
 
カテゴリー: 総合
投稿者: azumi
 今回の研修では、入職してから6ヶ月が経ち4月当初の理想とする看護師像を振り返り、自分に身についたこと、これから身につけていきたいことについてグループで話し合い、グループごとに発表しました。他の病棟の同期と情報を交換することで、共感すること、自分では気づかなかったことなど自分の課題も明確になりました。
発表の中で、どの病棟でも6ヶ月経ち仕事に慣れが生じてきているという意見が挙がりました。こういった時期に事故が生じやすくなってくるため、初心に戻り確認することはしっかり行い、わからない事はその日のうちに対処していけるようにしていきたいです。
 
 
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»
 
 
 

ページトップへ