肩関節治療センター診療科の紹介Topへ

肩関節疾患の治療に関しては、骨折・脱臼・腱板断裂・スポーツ障害・変形性肩関節症など幅広い疾患の治療を行っています。

診療科紹介

肩関節疾患の治療に関しては、骨折・脱臼・腱板断裂・スポーツ障害・変形性肩関節症など幅広い疾患の治療を行っています。特に腱板断裂に関しては年間100件を超える手術を実施しています。当センターでは手術的治療、保存的治療ともすべての治療を医師・コメディカルスタッフを含めた肩専門チームで実施し、患者さん1人1人のニーズに沿った症状の改善に応えられる診療を心がけています。

 

主な手術実績(2015年1月1日〜2015年12月31日) 

  • 手術件数 : 247件

    内訳
    • 肩腱板断裂:170件
    • 反復性肩関節脱臼:13件
    • 肩関節拘縮:8件
    • 骨折を含む外傷(上腕骨折含む):7件
    • 人工関節置換術(人工骨頭を含む):33件
    • その他(抜釘):16件

代表的な治療

 
腱板断裂に対するミニオープン法
 


人工関節置換術
 


人工関節置換術(リバース型)
 

 診療の特色

 “肩が痛い”、“肩が挙がらない”など肩に関する症状をお持ちの方は、膝・腰の症状と同様に非常に多くいます。肩関節治療センターは整形外科の一部門として、このような肩の問題に関するすべての診療を行う長野県内初のセンターです。
肩の症状の原因は関節、神経、ほかの臓器などいろいろ考えられます。その場合、“どの診療科に受診すればよいか?”と迷うことはありませんか?原因がわからないまま“五十肩”と思って治らないままではいませんか?
当センターでは、“痛み”、“力のはいらなさ”など肩のどのような症状にも対応させていただきます.肩関節の専門医師による診察・検査によりその原因を判断し,肩関節自体に問題がある場合は当センターで治療を行い,そのほかの部位に原因がある場合にもそれぞれの専門医師にしっかりと紹介させていただき適切な治療を受けることができるようにします.“肩”の症状でお困りの方は,まず当センターに受診していただけばよい診療体制を目指しています。

  

スタッフの紹介

センター長
石垣 範雄(整形外科部長)
 

センター医師
畑 幸彦(院長) 

センター医師
松葉 友幸(留学中)

 

リハビリテーション部門技師長
高橋 友明

リハビリテーション部門

雫田 研輔   田島 泰裕

中山 純也   三村 遼子   米澤 和真   田中 大

鶴木 恵     前田 翔子   鈴木 彬祥   塚田 健壬

鳥羽 理花   中村 将輝   野本 英輔   野池 貫志

伊藤 郁     笹平 絵梨

 

担当医表

 
 
新患
(受付10:30まで)

再診
(完全予約制)

 

畑幸彦
石垣範雄
手術日 石垣範雄 
(10:00開始)

手術日 石垣範雄

畑幸彦
 


畑幸彦
(第3のみ)
受付 : 平日 7時30分〜10時30分〔診察開始は午前9時から〕
〔水曜日診療開始は10時00分から〕
※紹介状をお持ちの方は地域連携課を通して予約をお取りすることもできます。
地域連携課:電話0261-61-1455

肩を上手に使えるねこ