皮膚科診療科の紹介Topへ

アトピー性皮膚炎に代表される皮膚アレルギー疾患から膠原病や皮膚がんに至るまで、皮膚に関する病気なら何にでも適切に対応できる自信があります。

診療科

二人体制で診療

皮膚科は一人体制で診療を行っている病院が多い中、当院では二人体制で診療を行っています。経験豊富な皮膚科医が、十分な時間をかけて説明し、患者さんが納得のいく治療を心がけています。

皮膚免疫アレルギー性疾患

専門領域の一つです。接触皮膚炎やアトピー性皮膚炎、薬疹、蕁麻疹、金属アレルギー、膠原病など幅広い疾患に対応します。貼付試験(パッチテスト)や皮膚試験(プリックテスト、スクラッチテスト、皮内反応)、薬剤によるリンパ球刺激試験などにより原因の同定を行っています。

皮膚がん

これも専門領域の1つです。ダーモスコープを用いた悪性黒色腫(メラノーマ)や基底細胞癌の早期診断・早期治療を行っています。がんの手術や抗がん剤治療も行います。

紫外線療法

紫外線を用いた治療は皮膚科固有の治療法です。当院には長波長紫外線(UVA)と選択的中波長紫外線(narrowband UVB)を照射する紫外線照射装置があり、尋常性乾癬やアトピー性皮膚炎、円形脱毛症、尋常性白班、アトピー性皮膚炎、菌状息肉症(皮膚T細胞性リンパ腫)などの治療を行っており、良好な治療成績を上げています。

尋常性乾癬に対する生物学的製剤による治療

当科は尋常性乾癬に対する抗TNFα抗体製剤(ヒュミラ、レミケード)ステラーラ、ユセンティクスによる抗免疫治療を行える認定病院になっています。すでに多症例に使用しており、経験も豊富です。治療をご希望の患者さんは是非受診してください。

陥入爪、巻き爪治療

陥入爪や巻き爪は痛みが強く、治療してもなかなかよくならない難治性疾患の1つです。当科では、形状記憶合金製の専用巻き爪クリップを用いた矯正治療を行っています。自費診療扱いになりますが、クリップを装着するだけの痛みもなく簡便な治療法です。

シミに対する治療

肝斑や日光黒子(老人性色素斑)は薬剤の内服・外用や凍結療法などにより治療することができます。気になるシミがある方はご相談ください。
 

その他、他院で治療していてもなかなかよくならない方、診断に確信が持てない方など、是非当科にご相談ください。

担当医の紹介
詳細は名前をクリック

副院長 皮膚科  河内繁雄
  • 昭和56年信州大学卒
  • 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
  • 日本皮膚悪性腫瘍学会評議員
  • 中信皮膚科医会会長
  • 中信スライドカンファレンス代表世話人
  • 臨床研修指導医養成講習会修了
  • プログラム責任者養成講習会修了
  • 信州大学医学部臨床教授
皮膚科医師  眤裕子
  • 平成15年信州大学卒
  • 皮膚科専門医
 

担当医表

 
 
皮膚科 河内繁雄
眤裕子
河内繁雄
眤裕子

河内繁雄
眤裕子


こども外来
(15時〜17時)
初診(当日)
受付16:30まで 
河内繁雄
眤裕子
河内繁雄
眤裕子
河内繁雄
眤裕子
【皮膚科】
受付 : 平日 7時30分〜11時30分 、 第1・3土曜日 7時30分〜11時00分  〔診察開始は9時から〕
【こども外来】
受付 : 平日 7時30分〜16時30分  〔診察開始は15時から〕 幼少児から大学生までが対象です